第一歌集

いつも空をみて

新鋭短歌シリーズ17
「いつも空をみて」
浅羽佐和子
監修:加藤治郎

四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-167-2 C0092

今を生きるワーキングマザーの歌
わかること。わかってくれること。
圧倒的な現実の彼方に青空が見える。
加藤治郎

2014年12月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

浅羽佐和子(あさば・さわこ)
1972年生まれ
2000年より祖父浅羽芳郎の影響で作歌を始める
2001年 未来短歌会入会
2002年 短歌研究新人賞最終選考通過作となる
2009年 未来年間賞受賞

新鋭短歌シリーズ

今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/shin-ei/

自選短歌五首

すぐに迎えにきてくれると信じてた 火星に赤く錆びた自転車
もうやめよう真昼間に歯を磨くのは 飛行機雲はすぐ風になる
真夜中にレモンをがりりと齧っても私じゃなくて母親のまま
どこからがママなのだろう今日もまたお空青いよって見上げるばかり
まだ知らぬ春をさがしてにぎり手の湿ったベビーカー今日も押す
                                 

関連書籍

<新鋭短歌シリーズ第2期>
「新鋭短歌シリーズ13 オーロラのお針子」
「新鋭短歌シリーズ14 硝子のボレット」
「新鋭短歌シリーズ15 同じ白さで雪は降りくる」
「新鋭短歌シリーズ16 サイレンと犀」
「新鋭短歌シリーズ18 トントングラム」

<新鋭短歌シリーズ第1期>
「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」