書籍

『赤の自伝』アン・カーソン

『赤の自伝』
アン・カーソン
小磯洋光訳

四六判、上製、256ページ
定価:本体2,200円+税
ISBN978-4-86385-539-7 C0098

装丁 緒方修一

装画 藤井紗和

怪物と英雄が恋をした。言葉が存在を解放する。

ノーベル文学賞最有力とも言われるアン・カーソンの代表作。

 

古代ギリシアの詩人ステシコロスが描いた怪物ゲリュオンと英雄ヘラクレスの神話が、ロマンスとなって現代に甦る。

詩と小説のハイブリッド形式〈ヴァース・ノベル〉で再創造された、アン・カーソンの代表作ついに邦訳。

 

これほど心を揺さぶる作品に出会ったのは久しぶりだ。

━━アリス・マンロー

 

アン・カーソンは前衛的で博識で心を掻き乱す書き手だ。

彼女の多彩な声と才能がおそらく最もよく表れている『赤の自伝』は、

人を惹きつけて離さない偉大な作品だ。

━━スーザン・ソンタグ

 

2022年9月全国書店にて発売。

 

【著者プロフィール】

アン・カーソン(Anne Carson

1950年、カナダのトロントに生まれる。トロント大学で古典学の博士号を取得したのち、北米の大学で教鞭をとる。1998年、『赤の自伝』が全米批評家協会賞候補になり、詩人として広く知られるようになる。現在までにT・S・エリオット賞やカナダ総督文学賞など数々の賞に輝き、英語圏を代表する詩人の一人として目されている。翻訳家としても活動し、サッフォーの詩やギリシア悲劇などを手がけている。

 

【訳者プロフィール】

小磯洋光(こいそ・ひろみつ)

1979年、東京生まれ。翻訳家・詩人。イースト・アングリア大学大学院で文芸翻訳と創作を学ぶ。訳書にテジュ・コール『オープン・シティ』(新潮クレストブックス)、グレイソン・ペリー『男らしさの終焉』(フィルムアート社)。共訳書にアーシュラ・K・ル=グウィン『現想と幻実 ル=グウィン短篇選集』(青土社)。