書籍

『きみを嫌いな奴はクズだよ』 木下龍也

現代歌人シリーズ12
『きみを嫌いな奴はクズだよ』
木下龍也

四六判変形、並製、144ページ
定価:本体1,900円+税
ISBN978-4-86385-222-8 C0092

装幀 佐々木 俊

この歌集は余白ばかりで、言葉が寂しそうだ。
それならいっそ俺に下さい。
曲を付けて音楽にしてしまいたい。
それ程に素晴らしい。
(クリープハイプ 尾崎世界観)

2016年4月下旬全国書店にて発売予定。

 

【目次】
旧作の夜  
有名税  
ひとりで踊れ  
きみを嫌いな奴はクズだよ  
無色の虹  
理想の墜落場所  
小道具の月  
雲の待合室  
僕の身体はきっと君にふれるためだけにある  
六角形の回廊  
おまえを忘れない

 

【著者プロフィール】​
木下龍也(きのした・たつや)
1988年1月12日、山口県生まれ。
2011年より短歌をつくり始め、新聞歌壇、雑誌、Twitter、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」などに投稿を始める。
2012年に第41回全国短歌大会大会賞受賞。
2013年に第一歌集『つむじ風、ここにあります』(新鋭短歌シリーズ1/書肆侃侃房)を上梓。
結成当日解散型ユニット「何らかの歌詠みたち」で飯田彩乃、飯田和馬、岡野大嗣とともに短歌朗読イベントを不定期に開催している。
本とホラー映画が好きで生魚としいたけが嫌い。
Twitter:@kino112

 

現代歌人シリーズ
現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。
現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai