書籍

『Lilith』 川野芽生

『Lilith』
川野芽生

四六判、上製、168ページ
定価:本体2000円+税
ISBN978-4-86385-419-2 C0092

装丁:柳川貴代

栞文:石川美南、佐藤弓生、水原紫苑

第29回歌壇賞を受賞し、幻想小説も発表する著者の鮮烈な第一歌集。

 

叙情の品格、少女神の孤独。端正な古語をもって紡ぎ出される清新の青。

川野芽生の若さは不思議だ、何度も転生した記憶があるのに違いない。

――山尾悠子

 

2020年9月全国書店にて発売予定。

 

【収録歌より】

アヴァロンへアーサー王をいくたびも送る風あり千の叙事詩に

天上に竜ゆるりると老ゆる冬われらに白き鱗(いろくづ)は降る

harassとは猟犬をけしかける声 その鹿がつかれはてて死ぬまで

ほんたうはひとりでたべて内庭をひとりで去つていつた エヴァは

詩はあなたを花にたぐへて摘みにくる 野を這ふはくらき落陽の指

 

【著者プロフィール】
川野芽生(かわの・めぐみ)

1991年、神奈川県生まれ。2010年、東京大学に入学。東京大学本郷短歌会に入会、作歌を始める。2014年、短歌同人誌「穀物」結成。2015年、「怪獣歌会」結成。 2017年、本郷短歌会解散。2018年、「Lilith」30首により第29回歌壇賞受賞。現在、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程在籍中。小説作品に「白昼夢通信」(『Genesis 白昼夢通信』東京創元社、2019年)がある。