書籍

『象の旅』ジョゼ・サラマーゴ

『象の旅』
ジョゼ・サラマーゴ
木下眞穂訳

四六判、上製、216ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-86385-481-9 C0097

装幀 成原亜美

 

象は、大勢に拍手され、見物され、あっという間に忘れられるんです。
それが人生というものです。


ノーベル賞作家サラマーゴが最晩年に遺した、史実に基づく愛と皮肉なユーモアに満ちた傑作。

1551年、ポルトガル国王はオーストリア大公の婚儀への祝いとして象を贈ることを決める。象遣いのスブッロは、重大な任務を受け象のソロモンの肩に乗ってリスボンを出発する。

嵐の地中海を渡り、冬のアルプスを越え、行く先々で出会う人々に驚きを与えながら、彼らはウィーンまでひたすら歩く。

時おり作家自身も顔をのぞかせて語られる、波乱万丈で壮大な旅。

 

「ささやかで不条理な奇跡の連続」
 (アーシュラ・K・ル=グウィン)

★アーシュラ・K・ル=グウィンの『象の旅』評はこちら

 

「サラマーゴが、その人生の終わりに近くで書いた、愛嬌たっぷりの作品。『象の旅』は皮肉たっぷりで共感を豊かに誘う語りの中に、人間の本質についてのウィットに富んだ思索と、人間の尊厳を侮辱する権力者への揶揄を定期的に挟み込んでくる」(ロサンゼルス・タイムズ)

 

「サラマーゴは(……)この奇妙ながらも読み進めずにはいられない物語を紡いだ。サラマーゴがシュールで魅力的な散文の巨匠としてこれからも人々の記憶にのこるのはなぜか、この物語が完ぺきな例である」(GQ)

 

2021年10月上旬全国書店にて発売。

★『象の旅』完成までを追ったドキュメンタリー映画「ジョゼとピラール」(日本語字幕付き)はこちら

 

【著者プロフィール】

ジョゼ・サラマーゴ(José de Sousa Saramago)

1922年、ポルトガルの小村アジニャガに生まれる。様々な職業を経てジャーナリストとなり50代半ばで作家に転身。『修道院回想録』(82)、『リカルド・レイスの死の年』(84)、『白の闇』(95)で高い評価を得て、98年にノーベル文学賞を受賞。ほかに『あらゆる名前』(97)、『複製された男』(2002)など。2010年没。

 

【訳者プロフィール】

木下眞穂(きのした・まほ)

上智大学ポルトガル語学科卒。ポルトガル語翻訳家。訳書に『ブリーダ』(パウロ・コエーリョ)、『忘却についての一般論』(ジョゼ・エドゥアルド・アグアルーザ)、『エルサレム』(ゴンサロ・M・タヴァレス)など。『ガルヴェイアスの犬』(ジョゼ・ルイス・ペイショット)で2019年に第5回日本翻訳大賞を受賞。