第一歌集

同じ白さで雪は降りくる

新鋭短歌シリーズ15
「同じ白さで雪は降りくる」
中畑智江
監修:大塚寅彦

四六、並製、144ページ 定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-159-7 C0092

「うつつ」を超える「ゆめ」

わたくしが〈私〉という荷を背負うときそれも一つの旅のはじまり

中畑智江はこの歌集で歌人としての〈私〉を背負ったのである。
旅は始まった。               
大塚寅彦

2014年9月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

中畑智江(なかはた・ともえ)
1971年生まれ 愛知県蒲郡市出身/在住
1994年 南山大学 文学部英語学英文学科卒
1996年 短歌をはじめる
2008年 中部短歌会に入会 
2009年~2012年
  中部短歌会新人賞受賞
  第21回 第23回 歌壇賞候補
  第28回 現代短歌評論賞候補
  第57回 第58回 角川短歌賞佳作
2012年、第五回中城ふみ子賞受賞

新鋭短歌シリーズ

今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/shin-ei/

自選短歌五首

まだ青きトマトの皮をむくような衣更えする初夏の雨ふり

レタスからレタス生まれているような心地で剝がす朝のレタスを

表札にとんぼ止まれば照りつつもこの家の姓に影を落とせり

南国の木の実でできたお茶碗がわたしの離島のように在る午後

数えられないもの数多あふれたるこの世それらを数えるこの世
                                 

関連書籍

<新鋭短歌シリーズ第2期>
「新鋭短歌シリーズ13 オーロラのお針子」
「新鋭短歌シリーズ14 硝子のボレット」

<新鋭短歌シリーズ第1期>
「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」