第一歌集

オーロラのお針子

新鋭短歌シリーズ13
「オーロラのお針子」
藤本玲未
監修:東 直子

四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-157-3 C0092

言葉が紡ぐ自在な世界
知的で、醒めていて、苦いのに、ほんのり甘くてやわらかい。
一首の中にいくつもの不思議な味わいが充ちている。
東 直子(解説より)

2014年9月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

藤本玲未(ふじもと・れいみ)
1989年東京生まれ。「かばん」所属。
Twitter:@reimifu

新鋭短歌シリーズ

今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/shin-ei/

自選短歌五首

唐揚げの下のレタスを食べてみる駅のひだまり冷えた膝裏

あなたから生まれる前の夢をみた波打ち際の電話ボックス

人生の謎すきとおる8月の魚の骨のきれいな宇宙

夕焼けの付箋で街を埋めつくすわたしたちには正解がない

天気雨 透けた果実のように世界は○みたい 支度しましょう
                        

関連書籍

<新鋭短歌シリーズ第2期>
「新鋭短歌シリーズ14 硝子のボレット」
「新鋭短歌シリーズ15 同じ白さで雪は降りくる」

<新鋭短歌シリーズ第1期>
「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」