第一歌集

「声、あるいは音のような」

新鋭短歌シリーズ9
「声、あるいは音のような」
岸原さや
監修:加藤治郎

四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-127-6 C0092

きみの歌声が聞こえる。
ここが、私たちの辿り着いた世界である。
現代に生きる悲しみを綴った珠玉の作品集。
加藤治郎

2013年10月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

岸原さや(きしはら・さや)
静岡県三島市に生まれる。
早稲田大学教育学部国語国文科卒。以後東京に在住。
2006年、短歌をつくりはじめる。
2007年、未来短歌会に入会。加藤治郎に師事。
Twitter:@sayasaya777

ブログ「さやかな岸辺」
http://blog.goo.ne.jp/kishisaya/arcv

新鋭短歌シリーズ

今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/shin-ei/

自選短歌五首

羽をもつひとと静かな声をもつひとが出会える街路樹だった

噴水のつぶつぶのようわたしたち落ちてふたたび噴きあがるみず

波音がやまないのです朝も昼もふつうの顔をつけているのに

僕たちは生きる、わらう、たべる、ねむる、へんにあかるい共同墓地で

空洞も友となりゆくゆうぐれに濡れたドロップいろの信号

関連書籍

「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」