第一歌集

「かたすみさがし」

新鋭短歌シリーズ8
「かたすみさがし」
田中ましろ
監修:東 直子

四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-126-9 C0092

しなやかな抒情
世界の片隅で様々な工夫をこらしながら
新たな挑戦を続けていくことだろう。
東 直子

2013年10月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

田中ましろ(たなか・ましろ)
1980年生まれ。大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻修了。コピーライター、CMプランナー。2009年、短歌を始める。「夜はぷちぷちケータイ短歌」への投稿や、「短歌サミット2009」、「名短」など短歌イベントの企画・運営協力を経て、2010年、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」を創刊。短歌を広める活動に力を入れている。2012年、連作『告げられる冬』で短歌研究新人賞候補作に。2013年、「短歌男子」企画・制作。「かばん」所属。
Twitter:@tnkmsr  
うたらば:http://www.utalover.com/

新鋭短歌シリーズ

今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/shin-ei/

自選短歌五首

3階の窓から空に向け飛ばす輪ゴム 神さま僕はここだよ

群れるときわたしは消える図書館の深くに史書の眠るみたいに

春の日に手を振っている向かい合うことは誰かに背を向けること

ストライク投げても受け止めないくせにミットかまえて「恋」なんて言う

いおうええあえいああいと舌の無い口に背中を押されて帰路は

関連書籍

「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」