書籍

『ようこそRUSTIC BARNへ』野見山マコ

『汀日記 若手はなしかの思索ノート』林家彦三

『2000日の海外放浪の果てにたどり着いたのは山奥の集落の一番上だった』 坂本治郎

『山羊と水葬』 くぼたのぞみ

『私が本からもらったもの 翻訳者の読書論』 駒井稔編著

『書評七福神が選ぶ、絶対読み逃せない翻訳ミステリベスト2011-2020』

『キリンが小説を読んだら』読売新聞文化部「本よみうり堂」編

『二重のまち/交代地のうた』瀬尾夏美

『現代アメリカ文学ポップコーン大盛』青木耕平、加藤有佳織、佐々木楓、里内克巳、日野原慶、藤井光、矢倉喬士、吉田恭子

『絵画の力学』沢山遼

『絶体絶命文芸時評』佐々木敦

『うたうおばけ』くどうれいん

『太陽を灼いた青年 アルチュール・ランボーと旅して』井本元義

『イギリス文学紀行   ディケンズ、オーウェルからブロンテ姉妹まで』 那須省一

『アメリカ文学紀行  マーク・トウェイン、ヘミングウェイからサリンジャーまで』 那須省一

『青春をママチャリに乗せて  ハンディキャップの自転車日本一周記』 下司啓太

『中国的「今を生きる」生活。』 高田ともみ

『あなたとわたしのドキュメンタリー』成宮アイコ

『走ることで人生が変わった』 貞池龍彦・瀬川恭子

『書店員タカクラの、本と本屋の日々。 …ときどき育児』 高倉美恵

その他のエッセイなど

『輝ける闇の異端児  アルチュール・ランボー』 井本元義