書籍

『汀日記 若手はなしかの思索ノート』林家彦三

『汀日記 若手はなしかの思索ノート』
林家彦三

四六変形、並製、256ページ
予価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-518-2 C0095
装丁 成原亜美
装画 ササキエイコ
 

コロナ禍に"二つ目"となった。   
ぽっかりと空いた時間に、ぽつりぽつりと紡いだ言葉。
これは、ほんのひとときの雨宿りの時間なのかもしれない。


東京郊外で暮らす若手噺家の2020年4月~2021年5月の日々を綴った日記文学的思索集。

試し読みはこちら「海上を渉る部屋」

2022年4月下旬発売予定です。


【著者プロフィール】

1990年福島県生まれ。2015年林家正雀に入門。現在、二ツ目。
若手の落語家として日々を送りながら、文筆活動も続けている。本名は齋藤圭介。

 

web侃づめ「日々の、えりどめ」も更新中