新着情報

(7/1)初谷むい×水野葵以トークイベント「気になる短歌の話をしない?~日常のきらめきを捕まえる~」を開催します(文喫 六本木)

(7/1)文喫 六本木「気(樹)になり短歌展」にて 初谷むい×水野葵以トークイベント「気になる短歌の話をしない?~日常のきらめきを捕まえる~」

・日時:2022年7月1日(日)19時〜20時30分
・形式:文喫 六本木有料エリア内(チケット代に入場料込み)/オンライン配信
・出演:
初谷むい(『わたしの嫌いな桃源郷』『花は泡、そこにいたって会いたいよ』)
水野葵以(『ショート・ショート・ヘアー』)

【チケット購入はこちらから】

イベント参加チケット【文喫 六本木入場料込】/トークイベント視聴チケット【オンライン】
トークイベント視聴チケット【オンライン】+著者サイン入り書籍『わたしの嫌いな桃源郷』セット
トークイベント視聴チケット【オンライン】+著者サイン入り書籍『ショート・ショート・ヘアー』』セット

・イベント詳細
https://bunkitsuevent0701.peatix.com/

たった三十一文字で、新鮮なきらめきを捉えてみせる短歌。
文喫 六本木で開催中の気(樹)になる短歌展関連イベントとして、
2022年5月に第二歌集『わたしの嫌いな桃源郷』を刊行した初谷むいさん、
2月に第一歌集『ショート・ショート・ヘアー』を刊行した水野葵以さんの
トークイベントを開催します。

おふたりが短歌を始めたきっかけや、お互いの歌集の中の好きな歌、
今短歌を詠むこと、連作についてや、歌集以外に影響を受けたものなど、
盛沢山のトークテーマをご予定しています。

短歌が気になっている人も、短歌ってよくわからないと思っている人も、
いつの間にか沼にはまってしまうかも。
(イベント告知ページより)

 

【登壇者プロフィール】
初谷むい
1996年生まれ、札幌市在住。第一歌集『花は泡、そこにいたって会いたいよ』(書肆侃侃房、2018年)、第二歌集『わたしの嫌いな桃源郷』(書肆侃侃房、2022年)。


水野葵以
1993年4月30日、東京都生まれ。2018年より作歌を始める。「タクトをふるう」で第62回短歌研究新人賞候補作、「三人家族」で第3回笹井宏之賞最終候補作。短歌ネットプリント「ウゾームゾーム」を不定期配信中。著作に、短歌と写真のZINE「あいもかわらず」。2022年2月、第一歌集『ショート・ショート・ヘアー』(書肆侃侃房)を刊行。