新着情報

【1/18情報更新】『2000日の海外放浪の果てにたどり着いたのは山奥の集落の一番上だった』刊行記念イベントを開催します

『2000日の海外放浪の果てにたどり着いたのは山奥の集落の一番上だった』刊行記念 坂本治郎×森卓也(六本松 蔦屋書店 旅のコンシェルジュ)トークイベント(オンライン)

 

 【1/18追記】新型コロナウィルス蔓延予防の観点から、リアル会場での開催は中止になりました。本イベントはオンライン配信で行います。

 怒濤の世界放浪エッセイ『2000日の海外放浪の果てにたどり着いたのは山奥の集落の一番上だった』の刊行を記念して、著者の坂本治郎さんと、六本松 蔦屋書店で旅のコンシェルジュを務める森卓也さんのトークイベントを開催します。

 自衛隊をドロップアウトしたのち、世界中の放浪を経て、八女の山奥のゲストハウスオーナーとなった坂本治郎さん。オーロラの見える町で犬ぞりガイドとして働き、強盗と鉢合わせ、ウルグアイでは大統領に謁見、地下監禁、徒歩800キロの聖地巡礼などなど、心温まる出会いから命からがらの危機まで、たくさんの経験談をお持ちです。

 トークのお相手、六本松 蔦屋書店の森卓也さんは、書店員・コンシェルジュを務めながら、これまで世界3周128カ国を旅した生粋の旅人です。旅についてのイベントも多く企画・ご出演なさっています。

 おふたりが世界中で体験したこと、観てきたもの、旅することについて、たっぷり語っていただくトークイベントです。

 本イベントは「本のあるところajiro」(福岡市)会場と、オンラインでのライブ配信のいずれかでご視聴いただけます。イベント後は、2週間のアーカイブ視聴も可能です。

 ぜひお楽しみください。

 

********************************************************************

◇概要

『2000日の海外放浪の果てにたどり着いたのは山奥の集落の一番上だった』刊行記念イベント

日時:2022年1月26日(水)19:00~20:30

出演:坂本治郎さん、森卓也さん

会場:本のあるところ ajiro (中央区天神3-6-8-1B) オンライン配信

参加費:①リアル会場=1000円(定員先着15名) 新型コロナウィルス蔓延予防の観点から、リアル会場開催は中止になりました。

    ②オンラインライブ配信=1000円(YouTubeにて)

お申込:本のあるところ ajiro オンラインストア

主催:書肆侃侃房

お問い合わせ:info@kankanbou.com(担当:田中)

********************************************************************

【書誌情報】

『2000日の海外放浪の果てにたどり着いたのは山奥の集落の一番上だった』

http://www.kankanbou.com/books/essay/500

 

【登壇者プロフィール】

坂本治郎(さかもと・じろう)(旧名:堀内励)

1985年12月25日生。福岡県三井郡大刀洗町出身。里山ゲストハウス「天空の茶屋敷」の主。
高校を卒業後、地元を離れ陸上自衛隊として6年間日本全国転々とした後、依願退職し海外放浪の旅へ出る。
長年の放浪の果てに空き家になっていた福岡県八女市の祖母の家に移住。その後は出会いに恵まれ山奥の空き家をもらいそれを改装し2017
年よりゲストハウスとして開業する。以後は宿業をベースとしてのコミュニティ作り、外から来る人と地域の人をつなげたり移住者を積極
的に応援したりなど身の丈に合った地域活性化に奮闘する。 

 

森卓也(もり・たくや)

六本松 蔦屋書店 旅のコンシェルジュ

これまで世界を3周し訪れた国は128カ国。国内47都道府県、有人離島60島以上を旅するトラベルホリック。文学部出身。旅の書籍のライブラリ構築、イベント企画、メディア出演・寄稿、観光促進案件など、旅と本に関わる業務を行い隙あらば旅にでる日々。