書籍

『新しい猫背の星』 尼崎 武

新鋭短歌シリーズ35
『新しい猫背の星』
尼崎 武
監修:光森裕樹

四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-254-9 C0092

装画 スズキロク

いま、手を繫ぐように温かい。
舞い上がるときも落ち込むときも、
とにかく優しくて、ひたすらに真っ直ぐ。
(光森裕樹)

2017年3月中旬全国書店にて発売。

【著者プロフィール】
尼崎 武(あまがさき・たけし)
1979年、佐賀県藤津郡嬉野町(現・嬉野市)に生まれる。
九州大学教育学部中退。
玉川大学通信教育部教育学部在学中。
アーティスト奥井亜紀のファンであり、彼女が参加したトリビュートCD「君の鳥は歌を歌える」を通して枡野浩一と短歌を知る。
2002年から短歌を作り始め、「枡野浩一のかんたん短歌blog」等に投稿。
2009~2011年、同人誌「屋上キングダム」に参加。
2015年、枡野浩一短歌塾(第4期)を受講。
神奈川県在住。
Twitter : @amagatak

 

【5首】
蛍だと思った虫とずっといる やっぱり光るような気がして
この道はいつか来た道 ああそうだよ 進研ゼミでやったところだ
もう俺は今日から生まれ変わるのに昨日のことで怒られている
まばゆくて目を閉じたりもしたけれどしあわせになる覚悟はできた
誰もいない星で静かにブランコが揺れているからもう行かなくちゃ

 

新鋭短歌シリーズ
今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
http://www.shintanka.com/shin-ei/