書籍

『青い舌』 山崎聡子

現代歌人シリーズ33
『青い舌​』

山崎聡子

四六判変形/並製/160頁 
定価:本体2,100円+税
ISBN978-4-86385-470-3 C0092

装幀 花山周子

 

舌だしてわらう子供を夕暮れに追いつかれないように隠した

子供との時間のなかに
前世のような記憶の翳がさす。

いつか、どこかで、わたしは立っていた

2021年7月刊行。

 

【自選5首】
君のべろが煙ったように白かったセブンティーンアイスクリーム前
西瓜食べ水瓜を食べわたくしが前世で濡らしてしまった床よ
蟻に水やさしくかけている秋の真顔がわたしに似ている子供
ヒメジョオンの汁でつくったマニキュアでにぶく光っていた爪の先
遮断機の向こうに立って生きてない人の顔して笑ってみせて

 

【著者プロフィール】
山崎聡子(やまざき・さとこ)

1982 年栃木県生まれ。
早稲田大学在学中に作歌を始め、2010 年「死と放埓なきみの目と」で
第54 回短歌研究新人賞受賞。
2013年第1歌集『手のひらの花火』( 短歌研究社) で第14 回現代短歌
新人賞受賞。
pool、「未来」短歌会所属。