書籍

『恋人不死身説』 谷川電話

現代歌人シリーズ15
『恋人不死身説』
谷川電話

四六判変形、並製、144ページ
定価:本体1,900円+税
ISBN978-4-86385-259-4 C0092

装画 宮本 香那

二種類の唾液が溶けたエビアンのペットボトルが朝日を通す

見えないはずのものを見る。
世界を情報の塊として捉える。
そんな感覚の徹底度が、
この歌集を決定的に新しいものにしている。

 ――― 穂村 弘

2017年4月下旬全国書店にて発売。
 

【目次】
恋人不死身説
パタパタ
うみべのキャンバス
テーマパークとワンルーム
ミルク広がれ
観覧車ワリカン購入
目覚めても夜
でちゃうね
地球のばか
「おはよう」で
顔と青
空がきたない
それはわたし!
ドキュメンタリー「会いたい」
われるくちびる
ウェイク
ぼくはモザイク
春未遂
音符かな

【著者プロフィール】

谷川電話(たにかわ・でんわ)
1986年9月14日生まれ。
2014年、第60回角川短歌賞受賞。
歌誌「かばん」会員。

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai