書籍

『たべるのがおそい』vol.7

文学ムック
『たべるのがおそい』vol.7

A5、並製、176ページ
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4-86385-362-1 C0495

編集 西崎憲
装幀・装画 片岡好 
2019年4月中旬全国書店にて発売。

【巻頭エッセイ】

斎藤真理子「文とふん」 

【特集〈ジュヴナイル―秘密の子供たち〉】

岩井俊二「作文という卵から小説という鳥は生まれない」
銀林みのる「上水線83号鉄塔」
櫻木みわ「米と苺」
飛浩隆「ジュヴナイル」
西崎憲「おまえ知ってるか、東京の紀伊國屋を大きい順に結ぶと北斗七星になるって」
松永美穂「物置」 

【創作】

高山羽根子「ラピード・レチェ」
小山田浩子「けば」
柳原孝敦「儀志直始末記」 

【短歌】

熊谷純「三日月の濃度」
佐伯紺「手をつないだままじゃ拍手ができない」
錦見映理子「天国と地獄」
虫武一俊「インフルエンザに過ぎる」 

【エッセイ 本がなければ生きていけない】

梅﨑実奈「心にプロなんてない」
東雅夫「安住の書庫を求めて」 

【翻訳】
チョン・ミョングァン「退社」(吉良佳奈江訳)
ハイミート・フォン・ドーデラー「ヨハン・ペーター・へーベル(1760-1826)の主題による七つの変奏」(垂野創一郎訳) 

「たべるのがおそい」vol.7刊行記念フェア

<開催書店>

オリオン書房ノルテ店

丸善京都本店

二子玉川蔦屋家電

湘南 蔦屋書店

銀座 蔦屋書店

ACADEMIAくまざわ書店橋本店

小説と翻訳と短歌を中心にした文学ムック

わたしたちは誰もが重力というものに支配されています。

「たべるのがおそい」は、その重力を少し弱めてみたいと思っています。

読んでいるあいだ、少し動きやすく、歩きやすい、

それがこの一風変わったタイトルの文学誌の目標です。

西崎憲(編集長)