書籍

『詩画集 いまきみがきみであることを』白井明大・カシワイ

詩画集『いまきみがきみであることを』

詩 白井明大 画 カシワイ​

B6、上製、208ページ、オールカラー
定価:本体2200円+税
ISBN978-4-86385-429-1 C0092

装幀 成原亜美
 

今一番伝えたいことを伝えるための長い手紙
白井明大とカシワイが初めて贈る、誰かにそっと贈りたい愛のメッセージが1冊に

どこにいても
探してしまう
心に焼きついている姿を
いつも いま
そばで ここで
見ていたいと
ほんの数日
会えない空白に
風かなにか吹きぬけるたびに
 

 【著者プロフィール】
白井明大(しらい・あけひろ)

詩人。二〇〇四年『心を縫う』でデビュー。詩集に『くさまくら』、『歌』、『島ぬ恋』、『生きようと生きるほうへ』(丸山豊賞)。ほか『希望はいつも当たり前の言葉で語られる』など著書多数。近刊に『三十三センチの時間』。


カシワイ
漫画家、イラストレーター。主な仕事に、『107号室通信』、『光と窓』(共にリイド社)、『眠れない夜にあなたと話したい10のこと』(大和書房)、『ナニュークたちの星座』(イラスト担当、アリス館)等。
 

読者のみなさまの声

《文と絵が繊細で美しくて、優しい気持ちになったり、自分にとってささる内容のものがあったり、読み進めるのが楽しい一冊でした。「天体に続く階段」が特に好きで、自分を肯定してもいいんだと改めて気づかされました。ひとに対する気持ちもそうだし、自分の夢に対しても言えることなのかなと、勝手ながら解釈しました》(25歳・会社員・男性)

 

『いまきみがきみであることを』刊行を記念した原画展が開催されます。
お近くの方は、ぜひ足を運んでいただければ幸いです。詳細はこちら

【1月8日(金)~1月31日(日)まで】
とほん
栞日
明正堂アトレ上野店