書籍

『トリアージ』犬養楓

『トリアージ』
犬養楓

四六判、並製、312ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-495-6 C0093

 

人の命に優先順位をつけることが許されるのだろうか
歌集『前線』の犬養楓による、コロナ禍の医療現場の実態を赤裸々に描く初小説。


現役救急科専門医が綴る「命」と向き合う苦悩の日々

新型コロナウイルス感染症の重症患者治療を担う医療施設。
多くの生死が交錯するその現場をリアルに描いたこの作品の世界に没頭していると、小説でありながら、ノンフィクションを読んでいるかのような錯覚にとらわれる。
意思をもたぬ有機生命体であるウイルスと戦う最前線で、いったい何が起こり、医療従事者たちはなにを思っていたのか、この小説を読むことでそれを感じ取れることができるのではないかと思う。
――知念実希人[小説家・医師]

2021年10月下旬全国書店にて発売。

試し読みはこちら

【著者プロフィール】

犬養楓(いぬかい・かえで)
歌人・作家。
1986 年生まれ。
現在、救急科専門医として救命救急センターに勤務。
第63 回短歌研究新人賞候補。
2021 年歌集「前線」刊行。
note:tanka2020
twitter:@tanka2020