書籍

『カルチャーセンター』松波太郎

『カルチャーセンター』
松波太郎

四六変形、上製、272ページ
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-513-7 C0093
装丁 佐藤亜沙美
装画 藤倉麻子

2022年4月中旬全国書店にて発売。
 

松波太郎はそこにいた。カルチャーセンターで共に過ごしたニシハラくんの未発表小説『万華鏡』が収録され、作家や編集者たちから寄せられたコメントに、松波太郎の説明責任までもが生じてくる文章と空白の連なり……松波太郎は、ニシハラくんに語りかける。「どうかな? これは何だろう? 小説なのかな?」
 

松浦理英子さん推薦!
「小説を書きたいという欲望に憑かれていた若くほろ苦い日々を、哀惜をこめて振り返る松波太郎は本物の作家である」

 

これはすべての作家が通って来た文学的青春への鎮魂の書である。小説とは何かも言えないまま、ただ書きたいという欲望に憑かれていた時代への。       ーー松浦理英子

 

小説のわからなさを、そのわからなさと共に生きていくことを、ひたすらに書いている。この小説を読み終わりたくないと思った。
          ーー柴崎友香

カルチャーセンターは、社会で帰属する場を離れて〈個〉となった人と人が、遠い憧憬を胸に秘めて集う。それが稀に奇跡のように幸福な交流を、この地上にもたらす。
松波さんはその鎮魂と再興のために、この小説を、みんなの力を借りて作り上げた。
(この推薦文わかりにくいですか? 読むうちにほぐれて、あなたを照らす光になるはずです。)
          ーー保坂和志


著者プロフィール
松波太郎(まつなみ・たろう)

1982年三重県生まれ。文學界新人賞、野間文芸新人賞受賞。著書に『よもぎ学園高等学校蹴球部』、『LIFE』、『ホモサピエンスの瞬間』、『月刊「小説」』、『自由小説集』、近著に『本を気持ちよく読めるからだになるための本』。

 

『カルチャーセンター』では、実在する作家や編集者から寄せられたコメントが、作品にとって欠かせない一部となっています。

下記の方々はその一部です。

ここには「小説」に手向けられた言葉たちが収録されています。