書籍

『現代短歌のニューウェーブとは何か?』(「ねむらない樹」別冊)

短歌ムック「ねむらない樹」別冊
『現代短歌のニューウェーブとは何か?』

A5判、並製、264ページ 
定価:本体1800円+税 
ISBN978-4-86385-390-4 C0492

装幀:水戸部功

現代短歌の重要潮流が、はじめて俯瞰できる一冊。

【目次】

■これがすべての始まりだった

現代短歌のニューウェーブ  荻原裕幸

■時代をひもとく

現代短歌のニューウェーブ 何が変わったか、どこが違うか  小池光×荻原裕幸×加藤治郎×藤原龍一郎

しんしんとひとりひとりで歩く――〈わがまま〉 について  穂村弘

場のニューウェーブ  荻原裕幸×加藤治郎

この冷えの感覚を――解釈共同体の行方  川野里子

ニューウェーブとは何か? 再び。  川野里子

もうニューウェーブはいらない  松村正直

セルフプロデュースの幕開け  大井学

ニューウェーブ、やや回顧的に  大辻隆弘

なにと向き合っているのか  小林久美子    

■同時代を生きる

文字は動く  栗木京子

短歌のニューウェーブについて  藤原龍一郎

前を向こう  水原紫苑  

「すべての情報がわたし」である世界  井辻朱美    

残らないこと  林あまり    

窓を開く  吉川宏志    

時代の血肉と骨  東直子    

ニューウェーブってなんだ?  紀野恵    

「ごーふるたうん」とインターネットが「ニューウェーブ」の揺りかごだった  早坂類    

みんなのニューウェーブ  千葉聡    

ニューウェーブの外から  佐藤弓生  

現代短歌シンポジウム ニューウェーブ30年  荻原裕幸×加藤治郎×西田政史×穂村弘

現代短歌シンポジウム わたしたちのニューウェーブ  東直子×水原紫苑×江戸雪

■短歌ヴァーサス、歌葉のころ

わちゃわちゃしていた  黒瀬珂瀾 

第四回歌葉新人賞のこと  永井祐

溺れた者がつかんだ藁は  山田航

歌葉、短歌ヴァーサス、そのおわり  石川美南 

三人の時代  田中槐    

短歌ヴァーサス、思い出すこと  しんくわ    

第一回歌葉新人賞と、その前後  中島裕介    

■ ニューウェーブ以降の短歌

ニューウェーブの末っ子  秋月祐一    

短歌の「ニューウェーブ」について  花笠海月    

吉川宏志と暗喩性  染野太朗  

その後の短歌  谷川由里子    

いろんな〈わたし〉、この〈わたし〉  柳本々々    

ほかでもなく  平岡直子    

口語、そして淡い重さ  大森静佳    

共同幻想の崩壊  睦月都  

あの波こえて  寺井龍哉    

ニューウェーブの文体と韻律  阿波野巧也    

わたしたち歴史のこどもです  初谷むい

-------------------------------------

ニューウェーブの中心と周縁  加藤治郎    

ニューウェーブ関連年表(荻原裕幸編)

編集後記

2020年2月発売予定です。