書籍

『ことばと』vol.2

文学ムック
『ことばと』vol.2

A5、並製、328ページ
定価:本体1,700円+税

ISBN978-4-86385-423-9 C0495

編集長/佐々木敦
ロゴマーク/石黒正数
表紙・本文デザイン/戸塚泰雄
装画・挿絵/近藤恵介

【巻頭表現】

いとうひでみ「生業」

【創作】

佐藤亜紀「性頑愚にして強訴を好む」

瀬尾夏美「押入れは洞窟」

滝口悠生「夜の電話のための戯曲」

【特集 ことばと演劇】

◎戯曲

飴屋法水「スワン666」

岡田利規「THE VACUUM CLEANER」

◎小説

綾門優季「唯一無二」

犬飼勝哉「住吉コーポ二〇一」

鳥山フキ「どこ行った」

中村大地「はなのゆくえ」

松原俊太郎「イヌに捧ぐ」

宮﨑玲奈「蟹いいよ」

本橋龍「植物の家」

◎対談

山下澄人×佐々木敦「演戯の生成、小説の誕生」

【第一回ことばと新人賞】

佳作

金名サメリ「道ジュネー」

永井太郎「残って拡散する響き」

【翻訳】

アリ・スミス「本当の短編小説」(木原善彦訳)

【本がなければ生きていけない】

久保明教「あいだをさぐる」

児玉雨子「等身大九龍城」

掲載情報

朝日新聞(2020年9月19日) (本の舞台裏)「完成度より新鮮度」の文学賞

沖縄タイムス(2020年9月16日) ことばと新人賞 佳作に金名さん 小説「道ジュネー」​

週間読書人(2020年11月6日) 

《変化した言葉の後ろには変化する前の言葉がちらつき、吃して語られない言葉の余白にも言葉が隠れている》