書籍

『沖縄「格差・差別」を追う』羽原清雅

ある新聞記者がみた沖縄50年の現実
沖縄「格差・差別」を追う
羽原清雅

四六判/並製/296ページ
定価:本体1,600円+税
ISBN 978-4-86385-520-5 C0095

 

5月15日。本土復帰から50年。

沖縄における格差や差別。限りない理不尽さは昨日今日、始まったわけではない。
明治初期、山県有朋の時代に作り上げられた、実に150年に及ぶ軍事体制がいまも変わらず沖縄を苦しめる。
民衆に支持されない、いかなる権力もいつかは破綻する。
決して妥協はするな。
歴史に学べば、望むべき道は見えてくる。

 

 

琉球処分に始まる沖縄の受難を細密かつ立体的に記述する名著
 
近代史を書くには歴史家の目とジャーナリストの筆が要る。この二つを兼ね供えた筆者は文献からファクトを選び出し、配列し、文章化する。それがそのままこの人の思想の表明である。
 読んでいて「あわれ沖縄」の感が強まる。

―池澤夏樹(作家)

 

 

2022年5月中旬発売

 

web侃づめ関連記事「沖縄、受難つづく島の現実」

 

【目次】

1 山県有朋の「沖縄軍事化」
2 吉田松陰、山県有朋、岸信介、安倍晋三
   ― 長州「差別と軍事強化路線」の定着
3 昭和初期の格差・差別の現実
4 戦前の「不敬罪」の波紋
5 沖縄「差別」の政治的背景
6 広津和郎「さまよへる琉球人」考
7 「琉球処分」の歴史と今
8 「琉球処分」旧慣温存か 改革推進か
9 権力の奈良原繁・民主化の謝花昇の対立
10 沖縄戦・軍部と県民の断絶
11 摩文仁に死す・ある新聞記者の場合
12 死地に赴く1000人の「疎開児童」
13 沖縄戦にあった日米対話的交流
14 「アメリカ世〈ユー〉」下の沖縄のあがき
15 朝日新聞に見る戦時下の著名人の戦争観
16 「孔子廟」最高裁判決は正しかったか
著者あとがき 

 

【著者プロフィール】

羽原清雅(はばら・きよまさ) 1938 年東京生まれ。早稲田大学第一政経学部政治学科卒。朝日新聞入社後、政治部記者を経て政治部長、西部、東京各本社編集局次長、西部本社編集局長、広報担当、西部本社代表などのあと、帝京大学教授、新宿区教育委員を務める。

 

書評ほか

毎日新聞(6/25)「今週の本棚」
《日本国内の米軍基地の7割が集中し、住民が重い負担を負わされている沖縄。その背景を明治初期からの歴史を丹念にたどって記している》

ふぇみん(8/15)書評欄
 《選挙や住民投票で地域の意志が何度示されても、日本政府は沖縄を踏みにじってきた。そんな沖縄差別の構造の源流を、歴史をたどって検証した一冊。》

週刊読書人(8/26)評者=大野光明
《ジャーナリストの葛藤が照らし出す沖縄近現代史》
《国家という枠組みにとどまる限り、いまも声をあげ、考え、行動する民の姿が霞んでしまうのかもしれない》