書籍

『立原道造への旅』 文:田代俊一郎 写真:井手高太郎

迫真の文学紀行

夭折の抒情詩人立原道造の遺稿「長崎ノート」を辿る

『立原道造への旅』
夢は そのさきには もうゆかない
文:田代俊一郎 写真:井手高太郎

四六判、並製、192ページ+口絵カラー16ページ 
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-902108-92-7 C0095

中原中也とともに日本現代詩に新風を巻き起こした夭逝の抒情詩人・立原道造の遺稿「長崎ノート」。死を覚悟してまでなぜ、詩人は南へ旅立ったのか。「愛と文学の再生」を願いながら果たせなかった彷徨する詩人の魂を文と写真でたどる迫真の文学紀行。自分の生をいかに濃密に生き切るか。生と死が希薄な現代だけに、立原道造の最後の旅は今の時代にこそ輝きを増す。詩篇、書簡と年譜付き。 

2008年12月中旬全国書店にて発売。