Skip to main content.

家より広い畑を手に入れてはじめた自然農、目指すは完全自給自足。『ぼくらのいえができるまで』作者のツマエンジェルと農業ロマンの男・オットエンジェルによる往復書簡。「いえ」のその後を公開中!

アートスペース タートルベイというギャラリーで、トークイベントに出演します。朝から晩まできっちり前を向いてウザーイくらいのポジティブライフを、オエッてなるくらい明らかにいたします。

もろもろ余裕のおありの方、どうぞお越し下さい!

●開催日時 2011.10.22 土曜日 15時から約2時間
●開催場所 アートスペース タートルベイ
      福岡市中央区荒戸1-9-21 仙成ビル2F(日高歯科医院 隣)
      お申し込み連絡先 ART SPACE TURTLE BAY
●入場料金 1,500円 定員20名

はっさくの風邪がうつったんだと思うけど、風邪引いた〜。

それにしてもいつも思うのは、はっさくの風邪をもらうたびに、こんなに喉が痛かったのかなとか、あとで痛感すること。子どもの風邪菌は強烈だ。

とは言え、ぎゅうぎゅうに予定が詰まっていて、今日も休めない。仕方ないので先日友人からもらったハーブティーをがぶがぶ飲む。鼻と喉をすっきりさせたい方に、だって。私のことだ。

tea

おいら、この季節のはじまりにはヨワいのです。なんともはや。名前負けだ。だって、冬生まれなんだもん。大体、体調壊します。

今回も来た〜と思っていたら、どうやらアレルギーが原因のよう。そろそろ本腰入れてアレルギーとゆーものに向き合ってみようと思います。ここ数年、目を背けてきたけど、そうもいかんようだ。薬をできるだけ使いたくないので、そういうスタンスでスタートしようと思います。

負けてる場合じゃないのだよ、君ぃ。

839

写真は、先日の帰省の一コマ。一日違いのいとこ・りょーまと。

オットエンジェルが39歳になりました〜!おめでと〜う!

って、せっかくやっと休みが取れたのに、わしが体調を崩し、しかも仕事もたてこんでいて、今日ははっさくの登園をお願いしました。

いつも仕事も家事もばりばりなオットエンジェルなのに、多忙な職場に異動してずいぶん大変な思いをしているので、なんとか盛大にお祝いしたいと思っていたのになあ。いつになく気弱なワタクシメでありました。

839

839

「みんなでおでかけ!」の日の、ごきげんはりきりはっさく氏!
みんな元気になったら、今度はどこに行きましょう?

四月の異動で、休日出勤のなんだか忙しい部署に配属されてしまったオットエンジェルさん。はっさくのお風呂も入れられないし、保育園のお休みの日も仕事で遅いし。

839

せめて朝のお出かけ前のひとときを……。

午後から、予約していた母乳外来へ行き、搾乳してもらいました。朝の300ccに加えて、30分強かかって搾ってもどんどん出る出る、はっさくどれだけ飲んでいたのか、今さらながら実感しています。今日搾ったので、また張るかもしれないと言われ、一応食後など湿布をしてみましたが、ひどい張りは来ていません。

この後、1週間後、2週間後、1カ月後と、搾乳して、乳房をからっぽにしてしまいます。1〜2週間目までは、お風呂は隔日、食事はさっぱり系でという生活です。

はっさくは、と言えば、とうとう昨夕は、私の食事量を超えてもりもりもりもりと相当量をたいらげていました。睡眠時間も11時間。なんというか、ほとばしる生命力を感じる生活です。すごいなあ。

ひとまず、なんか、終わったなあ。

日中、何度か「おっぱい?」の切ないやりとりがありましたが、3日目ともなると、大分落ち着いてきました。昨夜のひどい張りに恐れおののいて、母にヘルプを頼んでおいたので、昼間はっさくを見てもらっている間、寝不足を解消するべく昼寝をしました。夜、寝るときも、夜中泣いたときも、すうっと寝てくれました。

私の状態は、というと、睡眠で少し落ち着いて、食事でまた少し張り、という繰り返しで少しづつ張りが落ち着いてきました。今朝方、母乳外来の指示通り、4時から二時間かけて搾乳しました。1時間半で300cc搾りました。それからは抱っこも難なくできるようになりました。まるで膨張し続ける鉄球を仕込んだような乳房が、ようやくやわらかくなってくれたのです。

今日は月曜日、保育園のきまりごとで、爪を切る日。「伸びてるかな?」とはっさくの手元をのぞき込むと、やはりバッチリ伸びていたので切りました。いつもなら授乳中に私の顔やら耳やらに爪を立ててかじかじするので、爪が伸びてくるとすぐわかるのですが、三日飲ませていないことで、はっさくの爪に気が付かなかったのです。

こうしてはっさくは、いつしかおっぱいを飲んでいたことすら忘れて、自分だけの新しい世界を次々にため込んで、私から離れていくのだなあ。むむむ、負けないぞ。若さあふれるはっさくに呆れられるくらいに、私だって私だって、さらなる新しい世界へ踏み出すのだ!

負けないのだ!
私自身になッ!

朝、はっさくが起きる30分ほど前に私も布団へ戻り、はっさくが起きるのを待っていました。はっさくは起きてこちらに来ず、階下に向かって泣いていました。ああ、しばらく笑ってくれないのかなあ。

それでも、寝室を出る頃にはいつものはっさくに戻っていました。笑ったり、ひょうきんな顔をしたり、おっぱいのない分、もりもり食べたり。保育園でもたっぷり遊んだみたい。ちょっと口寂しくなると泣いてしまうので、そのつど何か食べさせていました。

私の方は、2日目の夕方には張りがひどくなってきて、息も絶え絶えという状態になりました。なんとかはっさくだけお風呂に入れて、眠りにつこうと横になりました。ふとはっさくを見ると、顔の周りを触って眠たいモードなんだけど、泣きそうな顔。おっぱいがないことをどうにか乗り越えようとひとりでもがくようにがんばっていました。驚いて、はっさくの肩に手を伸ばすと、はっとした顔でこちらを見ました。「もしかしておっぱい?」という顔でした。私が顔を横に振って「ばいばいしたよね」と小さな声で言うと、それを境に泣き始めました。張りもひどくて抱っこもできない、おっぱいもあげられない、起きあがることすらできない。どうしようもないので、はっさくの足をさすりながら「だいじょうぶだいじょうぶ」と何度も何度もつぶやきました。この日は1時間くらいで眠りについたみたいでした。

私は夜中凍らせた糊湿布を貼り替えたり、布団や着るものを調節したりしたけどうまく眠れませんでした。張りもひどいし、身体も痛い。水分を控えているので喉も痛い。寒いような暑いような、悲しいような不安なような。

2時過ぎにはっさくが泣き出したので、また同じように身体をさすったりしました。この頃から少し私の張りが収まってきたようでした。はっさくがまた眠りについたのを確認して、朝食をとりました。胡麻と青のりの入った玄米おにぎりと、野菜をたくさん刻んで煮込んだスープです。

糊湿布の量を減らしてあたたかいお茶を飲んで、今日に備えます。昨日より今日、かならず楽しくなっています。そうやって子どもを育てていこうと思います。

夜中から異例の4回(!)の授乳、起きてから2回。はっさくへの最後の授乳は8時台でした。泣けてきました。泣けてきました。

はっさくにもうあげられない、という悲しさだけではありませんでした。これから小夏をもう一度探しに行く新しく長い旅が始まるのだと思うと、恐くて前に進めない。それがなければ、もっともっとはっさくに気が済むまでいつまででもあげられるのに。

だけどわしらは、前に進むと決めたので。

最後の授乳はそんなに長くなかった。

何とかやりくりして休みを取ってくれたオットエンジェルにはっさくを任せて、母乳外来で乳房をからっぽにしてもらいました。口中無害のインクで乳房に「へのへのもへじ」を書いてもらい、冷凍していた糊湿布を6個装着しました。

……。
これが。おセンチな気分をぶっ飛ばす可笑しさ。当然です。胸というか上半身に巨大なおにぎりを6つボコボコに詰めて上からぴちぴちのタートルネックを来たところを想像してみてください。それはオカシイでしょう。めちゃくちゃ動きにくいし。「おいおい…」

この日いくつか予定していた人に会う用事を全てキャンセル。どんどん冷えゆく身体を季節はずれのダウンジャケット(袖無し、笑)で覆いました。はっさくを疲れさせるべくオットエンジェルと公園で遊び尽くしました。

就寝までなんとかおっぱいなしで持ちましたが、やはりその時が来ました。「おっぱいバイバイしたよね」と言うと、しばらくしてはっさくは「朝からの一連のできごと(おっかあが泣いてたり、突然へのへのもへじを見せられたり)はそういうことだったのか…!!!」という驚愕の表情を一瞬浮かべて、わんわん泣き始めました。人の、怒りとか甘えとかそういう感情を抜きにした、とにかく悲しさだけを一心に表す泣き方というのを、初めて見ました。

オットエンジェルがこの日のために買っておいたおもちゃでしばらく遊んで、眠くなって、泣いて、寝てしまいました。その間1時間半くらいだったでしょうか。想像していたより短かったけど、想像していたよりゆれました。肩の辺りがむずがゆくなるくらい、切なくてゆれました。

目覚めたとき、はっさくはどうなっているのだろう。
わたしたちは、これからどこに行くのだろう。

ブログではけっこう事が起きてからの更新をしているのですが、これはリアルタイムでいきます。

いよいよ夜が明けたら、最後の授乳となります。

この一ヶ月、はっさくには「もうすぐおっぱいばいばいだよ」と伝えてきました。その間、母乳外来で二週間に一度のペースで搾乳してもらいました。また、今週からは甘味抜き、油抜きの和食生活も始めています。断乳中はどうしても乳房の中に乳汁をとどめておかなければならないため、乳質を良好に保っておかないと乳腺炎を起こしてしまうからです。冷凍庫の中には、乳房を冷やすための糊湿布も12個冷やしています。

はっさくはどう思っているんだろう。
昨日と今日はなんとも変な夢見の目覚めでした。
なんというか、切ない朝です。