Home > Archives > October 2018

October 2018

長寿(longevity)

 NHKラジオ第二放送の語学講座が新しいクールに入ったことを前項で書いた。講座によっては5年前に初めて放送された講座もある。5年前というとだいぶ昔の気がするが、語学講座では古く感じることは全然ないようだ。そうした再放送であっても、初めて受講する講座であれば改めて気づかされることも多々あるから嬉しい。
 例えば、韓国語の「レベルアップ ハングル講座」。初放送は2013年10月で、今月から3か月放送される講座だ。これは上級者を念頭に置いた講座で、初受講の私にはついていけないところが多いが、「発音のコツ」を紹介するコーナーは大いに参考になっている。昨日の講座ではテキストに次のようなことが書かれていた。韓国語に特有の平音、激音、濃音の違いを説明したくだり。「日本人が初声として『ㄱ』を発音すると、だいたい『ㅋ』に聞こえます。理由として考えられるのは、息が強いということです。『ㅋ』にならないよう、息をおさえてゆっくり発音しながら、『ㄱ』の音に慣れましょう」。
 私はこれまで激音の名に恥じないよう、『ㅋ』を息を強く吐きながら発音していた。留意すべきは激音ではなく、むしろ息を出さないように発音する平音の『ㄱ』だったということに初めて気づかされた次第だ。
                  ◇
20181010-1539130090.jpg 自分が年を重ねてくると、高齢者にまつわる話題は興味を覚え、以前は読まないような記事でも熱心に読むようになる。ニューヨークタイムズ紙をネットでスクロールしていて、次の見出しの記事を目にした。“The World’s Oldest Barber Is 107 and Still Cutting Hair Full Time” え、107歳でもまだ現役、それもフルタイムの床屋さんがいるのか?
 ニューヨークの外れにある理髪店に勤務するアンソニー・マンシネッリ氏。イタリアのナポリの近くで1911年に生まれ、家族とともに8歳の時にアメリカに移住。11歳の頃から床屋で働き始め、12歳でお客の髪を切るようになった。以来、ずっと理髪師として勤務し続けている。アメリカには定年がなく本人が健康で働く意欲がある限り、仕事を続けることができる社会であることは承知していたが、それにしても凄い。マンシネッリ氏を雇用している女性店主は「彼は病欠することもなく、お客のどんな要望にも応えて仕事をこなすことができる」と称賛。彼の驚異的な年齢を聞きつけて、マスコミや一般からお店へ問い合わせの電話が絶えることはなく、「私が彼のために働いているようなもの」とも。
 マンシネッリ氏は14年前に70年連れ添った奥さんを亡くして以降、一人暮らしで、買い物や料理・洗濯も自分でやっている。長寿と健康の秘訣をことあるごとに人々に聞かれるが、特段のことはなく、仕事を続けている限り、充足感を覚え、それが活力になっているのだとか。タバコはやらないし、お酒も深酒をすることはない。運動に熱心なわけでもないが、ただ好物のパスタは薄味が好きで、太らないように気をつけているらしい。
 107歳となった今も週に5日、お昼12時から午後8時までお店に立ち、お客の髪を切っており、20歳代の若者でもくたくたになる激務を淡々とこなす日々。お客の中には曽祖父まで遡り、4世代にわたる顧客もいるとか。いやはや恐るべし、マンシネッリ氏。ぜひとも、その長寿・健康にあやかりたいお人だ!

ぼやきたくないが・・・

 早朝、うつらうつらしていたら、宮崎の郷里の妹から携帯に電話が入った。寝ぼけまなこで電話に出ると、台風がもたらした雨の影響かと思われるが、郷里の県道の路肩が崩落し、そこを車で通りかかっていた集落の人が行方不明になっているとの由。地元の銀鏡神社の宮司のN君だ。50幾つかのその人は私よりずっと年下で、親しくは知らないが、何度か言葉を交わしたことがある。なんでその人がそんな事故に巻き込まれなければいけないのかという思いが最初に頭に浮かんだ。過疎の田舎はますます寂しくなるばかりだ。
 確か最近似たような思いをしたなあと思いつつ、このブログをスクロールしてみると、今年3月下旬に、同じ郷里出身の後輩のK君が自殺したということを書いている。彼も個人的には知らないが、彼の高齢の母親は知っており、50歳を超えているはずのK君がなぜ自死を選択したのかと気が滅入ったことを記している。それでK君の死を悼んで台所の隅に放っておいた焼酎の残りをコップで2杯あおったことも。
 ならば、宮司のN君にも敬意を表して飲むしかない。コンビニで焼酎の200ml瓶を買ってきて厳かに頂いた。合掌!
                 ◇
 日本のプロ野球はいよいよ大詰めを迎えている。いるが、やはりアメリカの大リーグと比較すると、気の抜けたビールを飲まされているかのような気分に陥ってしまう。私は以前にもこのブログで書いている記憶があるので、今さら繰り返したくないのだが、あえてまたきちんと記しておきたい。大リーグでは数日前からナリーグ、アリーグともにプレーオフに入り、最終のワールドシリーズを目指す白熱の試合が繰り広げられている。今日はアリーグのチャンピオンを決める前前段階のプレーオフ第2戦でニューヨークヤンキースの田中将大投手が力投し、宿敵、ボストンレッドソックスとの対戦成績を1勝1敗の五分に戻した。
 あの広大なアメリカを舞台にナリーグ、アリーグの総計30チームが年間162試合を戦い、同じ日にきれいにペナントレースを終了させる。翻って我が日本では最終盤に来ても残り試合に10試合以上の差があることもしばしば。だから優勝チームが確定してプレーオフが目前に迫っても消化試合がそちこちで行われる始末。これはプロ野球機構の「怠慢」だと思う。もし、プロ野球の人気を脅かすプロスポーツが誕生すればこのような体たらくは一掃されるのではないか。だが、現実にはまだ日本にはそのようなスポーツはない。サッカー人気はワールドカップの年には一気に燃え盛るが、それが終われば四年後までしぼんでしまう。またぼやき節になってしまった。そもそも、勝率5割にも満たない借金チームがなぜプレーオフに進出できるのか。そのチームがペナントレースを圧勝した優勝チームを破って日本シリーズに進出するような事態になれば、これは笑うしかない。嘲りの笑いだ。
                  ◇
 世はいよいよ神無月(10月)。NHKラジオ第二放送の語学講座も新しいクールに入った。私がこつこつと独学している中国語と韓国語の講座も新しいクールに入り、ありがたいことに以前の再放送が再び流されている(日本語としておかしい?)。
 耳を傾けるのが2度目、3度目になれば、劣等生の私でもさすがに理解度が違う!

ライダーカップをまた堪能!

20181001-1538393680.jpg 台湾から帰国後、多分風邪で熱を出し、寝込んでしまった。病院できちんと薬をもらって数日間おとなしくしていた。台湾をさるき回った疲れもあったのだろうか。体力の衰えは否めない。少しく落ち込んでいる時に、台湾出発前に受けていた年一回の恒例の定期健診の結果が相次いで郵送されてきた。胃がん、大腸がん、肺がんのいずれも異常なしとの診断だった。頑健とは呼べないだろうが、還暦過ぎても健康な身体に生んでくれたお袋に感謝したい。
 さあ、体調も戻ったし、語学の学習にまた熱心に励むぞ!と思っていたら、ケーブルテレビが「ライダーカップ」を大会開催の3日間、フル実況生中継するとの由。あのライダーカップを最初から最後まで観ることができるのか?観ないわけにはいかない。
 気がついたら金曜日夕刻から月曜未明までたっぷり3日間、付き合わされてしまった。スポーツのイベントにこんなにはまってしまったのは久しぶりだ。ゴルフ好きは結構いるので、日本のスポーツ新聞でもそれなりに紹介されているのだろう。競馬の馬券購入をやめて以来、スポーツ新聞の類は一切読まなくなったので確認できないが。
 ライダーカップは2年に1回、アメリカとヨーロッパで交互に実施される。前回はアメリカで行われ、米チームが勝利した。今年はヨーロッパのチームがパリを舞台に圧勝し、雪辱を果たした。日本の男子ゴルフでは到底味わえない欧米トッププロたちの熟練の一打、華麗な妙技をリアルタイムで味わえたのはゴルフ好き、スポーツ好きの私には至福の3日間だった。一昨年の今頃、このブログで何か書いているではと思い、スクロールしてみると、確かに書いていた。「ライダーカップに思う」と題していた。以下抜粋を紹介すると————。
 ライダーカップの生中継を見ていてなんだかなあと思ったことを記しておきたい。それはアメリカのギャラリーの異様なまでの自国選手への応援だ。ヨーロッパで行われる時にはヨーロッパの開催国の人々がヨーロッパチームに声援を送る。しかし、今回の米大会のような熱狂的な声援まではなかったように思う。それほどアメリカの観衆の自国チームに対する声援は凄まじかった。対戦相手を威圧するような度が過ぎた声援は「紳士のスポーツ」(gentlemen’s sport)と呼ばれるゴルフにはふさわしくない。日曜朝は午前5時だか6時だかに疲れ果ててしまったのと、見ていて(聞いていて)不快に思うほどの「USA」の大合唱に嫌気がさして、いつの間にか寝入ってしまった。ライダーカップのギャラリーの熱狂はともかく、アメリカ国民の愛国心はあの9・11テロ以来、ますます燃え盛っているように見える。傲岸不遜の大富豪が主要政党の大統領候補にまで上り詰めるという異常事態も「同根」であるという気がしないでもない。
 今回の大会は全くその逆だった。欧州各国から足を運んだと思われる大ギャラリーはヨーロッパのプロが好プレーを見せる度に、「ヨーロップ」と叫んでいた。アメリカのプロには時にブーイングを浴びせ、彼らがミスショットでもしようものなら、歓喜の拍手。これはさすがに前回の大会でもなかったような気がする。前回と今回、「背景」が異なるのは、傲岸不遜の大富豪が大統領候補から大統領の座に上り詰めていることだ。「アメリカファースト」を掲げるあの大統領への反感もあってか、ヨーロップの大合唱には敵意に染まった棘があるように思えてならなかった。いや、それはともかくゴルフ自体は頗る面白かった!

More...

Home > Archives > October 2018

Search
Feeds

Page Top