幼い子に病気のママのことをつたえる絵本

「ママ、なんで?びょうきのママにききたいの」

「ママ、なんで? 
びょうきのママにききたいの」
阿部円香・文 さとみ・絵

B5、上製、48ページ
定価:本体1,200円+税
ISBN978-4-86385-121-4 C8747

子育て真っ最中に発病した現役医師が、各専門家および闘病ママ&家族たちと共に作りあげた、病気のママ・パパ・ご家族への応援メッセージ。病気になって知りたかったこと、知ってよかったことを、3歳の子どもにもつたえられる“ 親の病気の説明絵本”です。

<本の構成>
【絵本パート(子ども向け27 ページ)】
【メッセージパート(大人向け21 ページ)】

・この絵本ができるまで
・専門家よりのアドバイス
・闘病ママ&家族たちよりのメッセージ
・あとがきに代えて

アドバイスいただいた専門家
牛島定信(精神科医/日本児童青年精神医学会元理事長)
白石恵子(九州がんセンターサイコオンコロジー科 臨床心理士)
大沢かおり(東京共済病院がん相談支援センター ソーシャルワーカー)
武田飛呂城(NPO 法人 日本慢性疾患セルフマネジメント協会事務局長)
西山和子(札幌神経内科クリニック看護部長)

2013年8月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

阿部円香(あべ・まどか)
福岡生まれ・在住。熊本大学医学部卒。九州大学放射線科学教室所属。
放射線治療認定医。がん治療認定医。
2012 年春に多発性硬化症、秋に自己免疫性肝炎を発症。

イラストレータープロフィール

さとみ(Satomi's watercolor)
広島生まれ。米国アラバマ州在住。現在、地元の水彩画・グラフィックデザイン連盟に加盟し活動中。
近隣の大学に通い、更に〝描く〟世界を探索している。

中面イメージ