第一歌集

「提案前夜」

新鋭短歌シリーズ3
「提案前夜」
堀合昇平
監修:加藤治郎

四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-113-9 C0092
装画:清水彩子
2刷

前夜を生きる。
廃墟と化した現代短歌に、この青年は
何を提案しようとしているのだろう。
加藤治郎(解説より)

2013年5月下旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍はこちらより
提案前夜(抄)Amazon Kindle版

著者プロフィール

堀合昇平(ほりあい・しょうへい)
1975年 神奈川県に生まれる
2001年 駒澤大学大学院修了(専攻社会学)
2008年 未来短歌会入会、加藤治郎に師事
2011年 未来賞受賞
コンピューターメーカーにて営業職に従事。名古屋市在住。
Twitter:@HoriaiShohei

新鋭短歌シリーズ

今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/

自選短歌五首

全身が痺れるような提案のキラーフレーズ浮かばぬ夜は

配管のうねりを闇にみるばかりみな吊革に腕を垂らして

たましいのごとき一枚ひきぬけば穴暗くありティッシュの箱に

ひとりぶんの灯りの下でキーに打つ変更後機器明細三〇〇〇行

追い越してゆく追い越してゆくタクシーは真夜の光を追い越してゆく

掲載など

西日本新聞 2013/6/28(金)朝刊の風車で、新鋭短歌シリーズが紹介されました。
中日新聞・東京新聞 2013/6/15(土)夕刊の短歌月評で、加藤治郎さんが新鋭短歌シリーズを取り上げました。
毎日新聞 2013/6/3(水)朝刊に、東直子さんの記事内で、「タンジブル」「提案前夜」の歌が紹介されました。
「命の歌を読む:文明の毒」

コメントなど

『提案前夜』 書肆侃侃房(しょしかんかんぼう) - 短歌パン
堀合昇平「提案前夜」  書評:眠らない島

もくじ


リブート
シティ・ダイバー
ロスジェネ
提案
遠い草原
きらきらきらら
まだここにいる
パンクス


靴音
あひるくち
調達ルーム
中部リサイクルセンター
アバダケダブラ ――Logos に寄せる断章
stainless
研修 リーダー四つの役割
サファイア ―― 十二月のコンフィギュレーション
シオリ 1
眠り ――遙かなリアス
シオリ 2
シオリ 3
 

げらう
伏見通り
イヤホン
熱病
まずはゴミを拾え
ニッケイ
ポークフランク

プロポーザルのために 加藤治郎
あとがき
                                   

関連書籍

「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」