第一歌集

「タンジブル」

新鋭短歌シリーズ2
「タンジブル」
鯨井可菜子
監修:東 直子

四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-86385-112-2 C0092 
装画:河上 ののこ
2刷

生物であることの実感
嫌なことや悲しいことによって一度しゃがんでも、ずっと闇の中にい続けたりはしない。九州、福岡の明るい光の中で育ったことが影響しているのかもしれない。
東 直子(解説より)

2013年5月下旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍はこちらより
タンジブル(抄)Amazon Kindle版

著者プロフィール

鯨井可菜子(くじらい・かなこ)
1984年4月生まれ。福岡県立筑紫丘高校、九州大学芸術工学部卒。デザイン会社勤務を経て、現在フリーランスの編集者・ライター。「かばん」「星座」に所属。
Twitter:@kujirai_kanako

新鋭短歌シリーズ

今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。
「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/

自選短歌五首

さよならって言おうとしたら足許にきれいな刺繡糸があったの

阿佐ヶ谷の画家の家にて昼下がりファム・ファタールが茹でるそうめん

しのぶれど色に出でにけるわたくしと飲む焼酎はおいしいですか

風光る夏の画塾よ弟がスケッチブックを見せてくれない

わたしには無理なんですと雨上がりにぐっしょり濡れた日傘ひらいて

掲載など

・日経ウーマンオンラインで紹介されました。
中江有里さん・7月に味わいたいこの2冊
西日本新聞 2013/6/28(金)朝刊の風車で、新鋭短歌シリーズが紹介されました。
中日新聞・東京新聞 2013/6/15(土)夕刊の短歌月評で、加藤治郎さんが新鋭短歌シリーズを取り上げました。
毎日新聞 2013/6/3(水)朝刊に、東直子さんの記事内で、「タンジブル」「提案前夜」の歌が紹介されました。
「命の歌を読む:文明の毒」

コメントなど

意志を持つ人 ~鯨井可菜子歌集『タンジブル』 書肆侃侃房

もくじ

Ⅰ 
月面へ
ほほえみワシントン条約
夜明けの虹
西麻布奇譚
繰り糸の女
セオドアをなぐさめる会(またはその幹事)
夏の画塾
首がいたくなる
試着室
アンプラグド

Ⅱ 
海洋性
安全のしおり
夏待ちの水

ジョンソン/クリプトンQ
信念
ひらく
イエローハウス
白鉛筆
タンジブル


1デシリットルの愛(題詠blog 2009 より)
緑が浦駅前不動産へようこそ
殿様の髪結い
もやもや団

Ⅳ 
新航路
ゴールデン・レモン
雪と報奨金
スフォルツァンド
ドメスティック
小松菜
おくら納豆
水底の猫
Tuning

しゃがみこまない  東 直子
あとがき
                                 

関連書籍

「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」