博多のロック人をインタビュー

博多とロック

撮り下ろし写真と生の声でつづるロックな人生

「博多とロック」
12人のミュージシャンに見るロックな生き方
TEXT BY MARU

A5判、並製、208ページ 
定価:本体2,000円+税
ISBN4-902108-38-0 C0073
ISBN978-4-902108-38-5 C0073
2刷

60~80年代、博多はロックの街として全国から注目されていた。当時博多の街を沸かせたミュージシャンは、過去の存在ではなく現在もなおライヴハウスで歌い、ギターを奏でている。常にロックと共にありつづけるミュージシャンの生きざまを、当時を知らない若いライターが書き下ろしたインタビュー本。生の声、撮り下ろし写真で転がり続けるロッカーに迫る。

撮り下ろし写真80カット
ミュージシャンからミュージシャンへのコメント、最新アルバム、ファーストアルバム紹介付き

WEBでの本の購入はこちらより
cocochimono
Amazon

著者プロフィール

MARU
1975年山口県生まれ。1994年より福岡に移住、博多のロックに出会う。情報誌編集部に勤務後2002年からフリーランスに。「博多出身バンドの今を伝えたい」とフリーペーパー『PLUGGED』を発行。

WEB PLUGGED http://www.web-plugged.com

帯文

誰もがやりそうでやらなかったことを、初期衝動で無頓着に、体当たりでやってしまった。
ロックすることの意味を12人のミュージシャンが異口同音に語り、本書のために撮りおろされた写真が生きざまを表現。
博多ロックファン必見、必読。
(ジューク・レコード 松本康)

2006/12/10 Zepp Fukuokaにて出版記念ライヴ決定!
詳しくは http://www.hakata-rock.net

博多のロックに体当たり!

掲載情報など

熊本日日新聞 すぱいす・デリすぱ119号(2006/11/24)に掲載されました。
アヴァンティ 2006/12「BOOKs」に掲載されました。
Fukuoka オー! 2006/12に掲載されました。
青山ブックセンター ホームページ内の今週のランキング(福岡店:2006年11月28日~12月4日)「今週の注目」に掲載されました。
日刊スポーツ 2006/12/5(火)の「おとこの日刊」で、紹介されました。
RKB毎日放送 チャートバスターズRで、イベントともにで紹介されました。
TNCテレビ西日本 ピースで、イベントともにで紹介されました。
西日本新聞 2006/11/25(土)の夕刊一面にカラーで、紹介されました。

もくじ

はじめに

鮎川誠&シーナ
石橋凌
浦田賢一
大江慎也
ササキモトアキ
柴山俊之
花田裕之
水戸華之介
森山達也
山口洋
山部善次郎

あとがき

訂正とお詫び

【初版】
P79「最新アルバム紹介」に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

誤)「THE GREATEST MUSIC」Sony Music Associated Records
正)「THE GREATEST MUSIC」UNIVERSAL MUSIC

関連書籍

「菊の花道」博多ロックの礎を築いた男、柴山俊之の終わらないロック道