愛と狂気

回転草

「回転草」
大前粟生

四六判、上製、216ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-321-8 C0093

装幀・装画 惣田紗希

楽しくてばかばかしくて切実な絶望で、今にも破裂しそう。
読んでる私も破裂しそう。せーのでいっしょに破裂したい!

――藤野可織

「たべるのがおそい」で衝撃的な話題を呼んだ「回転草」、冬休みに母と妹とともに亡き祖父の湖畔の家で過ごした恐怖の日々を描いた「夜」、キリンになったミカを解体する描写からはじまる「彼女をバスタブにいれて燃やす」、記録的な吹雪の夜に現れたユキとの氷の生活を綴った「海に流れる雪の音」をはじめとする、愛と狂気と笑いと優しさと残酷さとが混在した10の物語。

2018年6月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者略歴

大前粟生(おおまえ・あお)
一九九二年兵庫県生まれ。京都市在住。
二〇一六年、「彼女をバスタブにいれて燃やす」がGRANTA JAPAN with 早稲田文学公募プロジェクト最優秀作に選出され小説家デビュー。「ユキの異常な体質 または僕はどれほどお金がほしいか」で第二回ブックショートアワード受賞。「文鳥」でat home AWARD大賞受賞。著書に短編集『のけものどもの』( 惑星と口笛ブックス)。

収録作品

「回転草」
「破壊神」 
「生きものアレルギー」 
「文鳥」
「わたしたちがチャンピオンだったころ」
「夜」 
「ヴァンパイアとして私たちによく知られているミカだが」
「彼女をバスタブにいれて燃やす」 
「海に流れる雪の音」
「よりよい生活」

関連書籍

「文字の消息」
「雲を離れた月」