滅びゆく世界からもたらされる「私たち」の消息

文字の消息

「文字の消息」
澤西祐典

四六判、上製、168ページ
定価:本体1,400円+税
ISBN978-4-86385-319-5 C0093

装幀・装画 宮島亜紀

小さな亀裂が徐々に広がり、日常世界を崩壊させるという
幻想文学の要諦がここには見事に具現されている。

――木村榮一(スペイン語圏文学翻訳家)

どこからともなく降り積もる“文字”が日常を脅かしてゆく。家が、街が、やがて文字に埋もれ……表題作「文字の消息」。全身が少しずつ砂糖へと変わる病に侵された母と、その母を看取る娘の物語「砂糖で満ちてゆく」。入り江に静かにたたずみ、災いをもたらすとされる巨大な船に翻弄される町を描いた「災厄の船」。静かに寄せてくる波のように、私たちの日常を侵食していく3編の物語。

2018年6月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者略歴

澤西祐典(さわにし・ゆうてん)
1986年生まれ。
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。
2011年、「フラミンゴの村」で第35回すばる文学賞受賞。
本書収録「砂糖で満ちてゆく」は、英語訳・ドイツ語訳が発表されるなど、海外からも注目を集める。
著書に『フラミンゴの村』(集英社)、共著『小辞譚』(猿江商會)等がある。

収録作品

「文字の消息」  
「砂糖で満ちてゆく」 
「災厄の船」 

関連書籍

「雲を離れた月」
「回転草」