韓国女性文学シリーズ4

春の宵

Woman's Best 7 韓国女性文学シリーズ4
「春の宵」 안녕 주정뱅이
クォン・ヨソン 著
橋本智保 訳

四六、並製、248ページ
定価:本体1,800円+税
ISBN978-4-86385-317-1 C0097

装画 佐藤ゆかり
装幀 宮島亜紀

それは春の宵のようにはかなくかなしい

苦悩や悲しみが癒されるわけでもないのに
酒を飲まずにいられない人々。
切ないまでの愛と絶望を綴る七つの短編。

2018年6月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

あらすじ

生まれてまもない子どもを別れた夫の家族に奪われ、生きる希望を失った主人公ヨンギョンが、しだいにアルコールに依存し、自らを破滅に追い込む「春の宵」。別れた恋人の姉と酒を飲みながら、彼のその後を知ることになる「カメラ」。アルコール依存症の新人作家と、視力を失いつつある元翻訳家が出会う「逆光」、十四年ぶりに高校時代の友人三人が再会し、酒を飲み、取り返しのつかない傷を負うことになる「一足のうわばき」など、韓国文学の今に迫る七つの短編を収録。初邦訳。

著者プロフィール

クォン・ヨソン(權汝宣)
1965年生。ソウル大学国語国文学科修士課程修了。1996年、長編小説『青い隙間』で第二回想像文学賞を受賞しデビュー。小説集に『ショウジョウバカマ』(2004年)『ピンクリボンの時代』(2007年)『私の庭の赤い実』(2010年)『カヤの森』(2013年)があり、長編小説には『レガート』(2012年)『土偶の家』(2014年)などがある。呉永壽文学賞、李箱文学賞、韓国日報文学賞、東里文学賞を受賞した。本書『春の宵』(原題『あんにょん、酔っぱらい』)は絶望と救いを同時に歌った詩のような小説と評され、2016年東仁文学賞を受賞、小説家50人が選んだ2016今年の小説、中央日報、ハンギョレ新聞の2016今年の本に選ばれた。

訳者プロフィール

橋本智保(はしもと・ちほ)
1972年生。東京外国語大学朝鮮語学科を経て、ソウル大学国語国文学科修士課程修了。訳書に鄭智我『歳月―鄭智我作品集』(2014年)千雲寧『生姜(センガン)』(2016年、共に新幹社)李炳注『関釜連絡船(上・下)』(2017年、藤原書店)朴婉緒『あの山は、本当にそこにあったのだろうか』(2017年、かんよう出版)などがある。

書評より

若さは廃れ、体は衰えていく。また酒を飲む。記憶は頼りにならないし、肉体は弱る。死の影が忍び寄る。暗く、不吉で、時には涙が出てくる。彼女は痩せた腕が折れそうなほど、ありったけの力をこめて弓矢を引く。遠い過去から、いまここに向けて。消えかかっている一世代の鎮魂曲が、僕たちの胸に突き刺さる。これほど生々しい痛みがあろうか!これほどの穢れなさがあろうか!
クォン・ヨソンの小説を読むと、韓国文学の深淵をのぞき見るようだ。鏃のように鮮烈な言葉は青光り、誰も行ったことのない深いところに僕たちを導く。この驚くべき思し召しは、血を流すイエスのように崇高だ。だからいつまでもその声を聞いていたくなる。はるか記憶の彼方から聞こえてくる声を忘れるな。お願いだ!
(チョン・ミョングァン 小説家)

関連書籍

Woman's Best 6 『七年の夜』 韓国女性文学シリーズ3
Woman's Best 5 『優しい噓』 韓国女性文学シリーズ2
Woman's Best 4 『アンニョン、エレナ』 韓国女性文学シリーズ1
Woman's Best 3 『オスカー・ワイルドの妻 コンスタンス 愛と哀しみの生涯』
Woman's Best 2 『幸せの残像 THE BOOK OF FATE』
Woman's Best 1 『ジェシカ16歳 夢が私に勇気をくれた True Spirit』

『ある作為の世界』
『二人の運命は二度変わる Pudd'nhead Wilson』