眩惑的なまでに突拍子なきメタモルフォーゼ

天馬

「天馬」
丹生秋彦

四六判、並製、192ページ
定価:本体1,400円+税
ISBN978-4-86385-313-3 C0093

装画 万野幸美

これは、詩的な綺譚、うつくしい寓話であり、言霊のメルヘンである。

唐都長安の宮廷に仕える趙丹という漢が、浅春の一夜、霊しい夢をみた。それは、遙かなる胡天のかなた、天山の麓に棲むという飄々たる天馬の夢である……趙丹とロバの永劫回帰『天馬』、記紀神話の放埒な再生『言霊伝説』『古代の剣』、ありえた過去を想起させる『ボレロ』など七篇。

2018年6月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者略歴

丹生 秋彦(にぶ・あきひこ)
1958年 大分県生まれ 京都大学文学部卒
1993年 第一詩集『新羅の壺』( 本多企画)
1998年 長篇小説『夢の傾斜』(四谷ラウンド)
1999年 短篇小説集『天馬』(四谷ラウンド)
2000年 長篇小説『シドニーハウス』(四谷ラウンド)
2004年 第二詩集『球体のアリス』(本多企画)
2012年 定義詩集『言霊のハルモニア』(市井文学)
太宰府市在住
国語教師(弘学館)
文芸誌『たっきりあ』主宰

目次

天 馬   
  
円形遊戯   
  
掌篇集 ボレロ   
 ボレロ   
 耳の記憶   
 子供料理の日   
 イマジン   
 コラール   
 古 都   
 モローの館
  
ゴーストタウン   
  
夢の傾斜(抄)   
  
言霊伝説   
  
古代の剣