第一歌集

20171207-1512640210.jpg
現代歌人シリーズ19
「ナイトフライト」
伊波真人

四六判変形、並製、144ページ
定価:本体1,900円+税
ISBN978-4-86385-293-8 C0092

装画 永井博

雨つぶが道一面を染め上げて宇宙は泡のようにひろがる

洒脱なタッチで見慣れた事柄を
新鮮なものに変えて描き出す。
日々の暮らしに追われる私たちには
こういう作品が必要です。
   ―― KIRINJI  堀込高樹

2017年12月下旬全国書店にて発売予定。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

伊波真人(いなみ・まさと)
1984年、群馬県高崎市生まれ。埼玉県さいたま市在住。
早稲田大学文学部卒。大学在学中に短歌の創作を始める。
2013年、「冬の星図」により第59回角川短歌賞受賞。
「早稲田短歌会」を経て、歌人集団「かばん」会員。

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai

関連書籍

<現代歌人シリーズ>
「現代歌人シリーズ1 海、悲歌、夏の雫など」
「現代歌人シリーズ2 耳ふたひら」
「現代歌人シリーズ3 念力ろまん」
「現代歌人シリーズ4 モーヴ色のあめふる」
「現代歌人シリーズ5 ビットとデシベル」
「現代歌人シリーズ6 暮れてゆくバッハ」
「現代歌人シリーズ7 光のひび」
「現代歌人シリーズ8 昼の夢の終わり」
「現代歌人シリーズ9 忘却のための試論 Un essai pour l'oubli」
「現代歌人シリーズ10 かわいい海とかわいくない海 end.」
「現代歌人シリーズ11 雨る」
「現代歌人シリーズ12 きみを嫌いな奴はクズだよ」
「現代歌人シリーズ13 山椒魚が飛んだ日」
「現代歌人シリーズ14 世界の終わり/始まり」
「現代歌人シリーズ15 恋人不死身説」
「現代歌人シリーズ16 白猫倶楽部」
「現代歌人シリーズ17 眠れる海」
「現代歌人シリーズ18 去年マリエンバートで」