韓国女性文学シリーズ2

優しい嘘

Woman's Best 5 韓国女性文学シリーズ2
「優しい嘘」우아한 거짓말
金 呂 玲キム・リョリョン
 著
金 那 炫キム・ナヒョン 訳

四六、並製、264ページ
定価:本体1,600円+税
ISBN978-4-86385-266-2 C0097

韓国で80万部のベストセラーとなり映画も大ヒットの『ワンドゥギ』につづく映画化2作目。

赤い毛糸玉に遺されたひそやかなメッセージ

とつぜん命を絶った妹の死の真相を探るうちに
優しかった妹の心の闇に気づく姉。
苦く切ない少女へのレクイエム。

2017年6月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

著者プロフィール

金呂玲(キム・リョリョン)
1971年、ソウル生まれ。ソウル芸術大学で文芸創作を学ぶ。『私の胸の中に海馬がいる』で文学ドンネ児童文学賞大賞を受賞し、『記憶を持ってきた子供』で馬海松文学賞を受賞。 第1 回創批青少年文学賞を受賞した『ワンドゥギ』は、ベストセラー(2008年)になり注目をあびる。その他、長編童話に『騒々しいプルンマンション』等がある。

訳者プロフィール

金那炫(キム・ナヒョン)
釜山で生まれ海辺で育つ。西江大学にて政治外交と史学を専攻。上智大学に交換留学した際、日本の文化に接する。ITコンサルタント、銀行員、内部監査人等多様な職種を経て、韓国の文化を日本に伝える翻訳家を目指している。

書評より

一晩に三回読んで、三回とも泣いた

『優しい嘘』はある少女の死をめぐる「事実」と「真実」のパズル合わせだ。確固としてある「事実」はチョンジが死んだということだ。「真実」は目に見えなくても厳として存在する「あること」だ。この険しい警戒線上に著者はパズルのピースをばらばらにしておく。推理小説を読むような構成や伏線、殴って逃げる変則ボクサーのような台詞、抑えた叙述、刀のように素早いが重い内傷を負わせるキム・リョリョン独特の文章は、読者の硬い壁を少しずつ徹底的につき崩していく。告白になるけれど、わたしは本文半ばにたどりつく前にすでに深い傷を負った。その傷をえぐるように「真実」がカウンターパンチを飛ばしてくる。殴られて得たのは、悲しみや感動という名では縛られない「あること」なのだ。それを名づけるのは読者としての楽しみだ。読者はこの作品によって冷静で、強くて熱い家族に出会うだろう。彼らが描く解決法や著者が送るメッセージは、内傷を甘んじて受け入れるだけの価値があるにちがいない。
-小説家 チョン・ユジョン(『七年の夜』の著者)

関連書籍

はかない命にしがみついて
雹まじりの雨
足長ピエロ
傷心
五つの封印玉
そうやって生きるのよ
行き場のない許し
優しい嘘

あとがき 金呂玲
訳者あとがき 金那炫

関連書籍

Woman's Best 4『アンニョン、エレナ』 韓国女性文学シリーズ1
Woman's Best 3『オスカー・ワイルドの妻 コンスタンス 愛と哀しみの生涯』
Woman's Best 2『幸せの残像 THE BOOK OF FATE』
Woman's Best 1『ジェシカ16歳 夢が私に勇気をくれた True Spirit』

『ある作為の世界』
『二人の運命は二度変わる Pudd'nhead Wilson』