第1歌集

恋人不死身説
現代歌人シリーズ15
「恋人不死身説」
谷川電話

四六判変形、並製、144ページ
定価:本体1,900円+税
ISBN978-4-86385-259-4 C0092

装画 宮本 香那

二種類の唾液が溶けたエビアンのペットボトルが朝日を通す

見えないはずのものを見る。
世界を情報の塊として捉える。
そんな感覚の徹底度が、
この歌集を決定的に新しいものにしている。

 ――― 穂村 弘

2017年4月下旬全国書店にて発売予定。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

谷川電話(たにかわ・でんわ)
1986年9月14日生まれ。
2014年、第60回角川短歌賞受賞。
歌誌「かばん」会員。

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai

関連書籍

<現代歌人シリーズ>
「現代歌人シリーズ1 海、悲歌、夏の雫など」
「現代歌人シリーズ2 耳ふたひら」
「現代歌人シリーズ3 念力ろまん」
「現代歌人シリーズ4 モーヴ色のあめふる」
「現代歌人シリーズ5 ビットとデシベル」
「現代歌人シリーズ6 暮れてゆくバッハ」
「現代歌人シリーズ7 光のひび」
「現代歌人シリーズ8 昼の夢の終わり」
「現代歌人シリーズ9 忘却のための試論 Un essai pour l'oubli」
「現代歌人シリーズ10 かわいい海とかわいくない海 end.」
「現代歌人シリーズ11 雨る」
「現代歌人シリーズ12 きみを嫌いな奴はクズだよ」
「現代歌人シリーズ13 山椒魚が飛んだ日」
「現代歌人シリーズ14 世界の終わり/始まり」