愛しきポルトガル

光の街リスボンを歩く

KanKanTrip15
「光の街、リスボンを歩く」
オノリオ悦子・岸澤克俊

A5、並製、160ページオールカラー
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-249-5 C0026

ヨーロッパでいま安全な街といわれるポルトガルの首都・リスボン街歩きの魅力を満載

花と丘と海と……可愛い街並み。訪れた人がみんな魅せられてしまうリスボン。人気のこだわりショップはもちろん、ミシュラン星つきレストランから地元の人たちに愛されるB級グルメまで……。この街に暮らす二人が案内する極めつけリスボンガイド。

2017年2月中旬全国書店にて発売。

KanKanTripは、書肆侃侃房の新しい紀行ガイドシリーズです。今後、ウィーン、チベットなど発行予定です。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

オノリオ悦子
20年以上前に旅行で訪れたリスボンの風景と、人の優しさに惹かれ、脱サラ移住を決行。現在、ポルトガル人の夫&猫との二人と一匹暮らし。現役のツアー・ガイドとして、より多くのお客様に素敵なポルトガルの思い出を持ち帰っていただくお手伝いをしている。

岸澤克俊
リスボンの不思議な魅力にとりつかれ、移住を決意してから早7年。日本の皆様に、リスボンの魅力を知ってもらおうと、ポルトガル旅行サイト“ようこそポルトガル”を立ち上げ、リスボンから生の情報を発信中。
http://yokoso-portugal.com/

中面イメージ

中面イメージ01 中面イメージ02
中面イメージ03 中面イメージ04
中面イメージ05 中面イメージ06

目次

1章 リスボンっ子のとっておきの場所
プリンシペ・レアル、バイロ・アルト

2章 半日歩いて楽しめる
サンタ・カタリーナ、シアード

3章 緑の散歩道から、賑わいの中心へ
リベルダーデ大通り、ロッシオ広場、バイシャ

4章 庶民の暮らしが見えてくる
カステロ、アルファマ、グラサ

5章 リスボンの新しい顔
リバーサイド

6章 大航海時代に思いを馳せる
ベレン、その他

7章 出かけよう!リスボン発の日帰り旅行

ポルトガルの料理・お土産・季節のイベント
旅の便利帖

関連書籍

<KanKanTripシリーズ>
「おとなの釜山 歴史の迷宮へ」
「バルト三国 愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ」
「韓国に遺る日本の建物を訪ねて」
「カンボジア・ベトナム・ラオス 長距離バスでめぐる世界遺産の旅」
「90日間ヨーロッパ歩き旅」
「涙を流し口から火をふく、四川料理の旅」
「イギリス鉄道でめぐるファンタジーの旅」
「台湾環島 南風のスケッチ」
「ニューカレドニア 美しきラグーンと優しき人々」
「スウェーデン 森に遊び街を歩く」
「リスボン 坂と花の路地を抜けて」
「イギリスの小さな教会」
「ルーマニア、遥かなる中世へ」
「ラダックと湖水の郷カシミール」