第3歌集

山椒魚が飛んだ日

現代歌人シリーズ13
「山椒魚が飛んだ日」
光森裕樹

四六判変形、並製、144ページ
定価:本体1,900円+税
ISBN978-4-86385-245-7 C0092

装幀 宮島亜紀
装画 ありかわりか

香煙を射抜く春雨 叶へたき願ひは棄てたき願ひにも似て

石垣島の鮮やかな色彩の中で
光と緑にさらされ
発熱しながら、うたは
霧のようにうかびあがってくる

2016年12月下旬全国書店にて発売予定。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

光森裕樹(みつもり・ゆうき)
一九七九年兵庫県宝塚市生まれ。沖縄県石垣市(石垣島)在住。
二〇〇八年、「空の壁紙」にて第54回角川短歌賞受賞。
二〇一〇年、第一歌集『鈴を産むひばり』(港の人)を上梓。
同歌集にて第55回現代歌人協会賞受賞。
第二歌集に『うづまき管だより』(電子書籍)。

Web Site:http://goranno-sponsor.com
Twitter:@mitsumo

目次

月のむかう
空と呼ぶ
きさらぎの質草
Madagascar 2012  
山椒魚が飛んだ日 
石垣島 2013 
冠を正す  
其のひとを  
香煙を射抜く   
無を煮込む  
其のひとは  
石敢當をつきぬけて 
トレミーの四十八色
古都のななとせ 
0歳の質量  
火炎焱燚 くわえん 菊  
鶴をつなぐ  
言の羽を梳く/涙湖  
蝶と眼帯  
四角い波紋  
外 貨  
幡ヶ谷沃野

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai

関連書籍

<現代歌人シリーズ>
「現代歌人シリーズ1 海、悲歌、夏の雫など」
「現代歌人シリーズ2 耳ふたひら」
「現代歌人シリーズ3 念力ろまん」
「現代歌人シリーズ4 モーヴ色のあめふる」
「現代歌人シリーズ5 ビットとデシベル」
「現代歌人シリーズ6 暮れてゆくバッハ」
「現代歌人シリーズ7 光のひび」
「現代歌人シリーズ8 昼の夢の終わり」
「現代歌人シリーズ9 忘却のための試論 Un essai pour l'oubli」
「現代歌人シリーズ10 かわいい海とかわいくない海 end.」
「現代歌人シリーズ11 雨る」
「現代歌人シリーズ12 きみを嫌いな奴はクズだよ」