軽妙洒脱、思わずにやり

森の美術館
ショートショートの小箱
「森の美術館」
目代雄一

四六判並製、168ページ
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4-86385-230-3 C0093 2刷

軽妙洒脱、思わずにやり。魅力あふれる小宇宙

ショートショートの小宇宙にはまった人は
別の人生を生きている気分になれる!
今度、思いもよらない穴に落ちるのは
あなたかもしれない。

時には鬼、宇宙人、幽霊、妖怪、死神、地底人、
デビル……などなどの奇妙な者たちの道案内で
あなたは「にやり」「どきり」「ほろり」の世界と
その余韻が楽しめます! 全39篇。

2016年8月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者略歴

目代 雄一(もくだい・ゆういち)
1958年、高知県生まれ。香川大学教育学部卒。現在は高知市立鏡小学校長。
二作目となる本書は、「季刊高知」に発表のものも含め、未発表作品を中心に収録。処女作の『デビルの仕業』は電子版でも配信中。

目次

Ⅰ章 ── 多難
満月の夜
多難
地獄めがね
掛軸の行方
パチンコの天才
キツネの恋
ワザあり集合写真
月の砂漠で
虎姫
急な引越し
太刀踊りの夜
森の美術館

Ⅱ章 ── 相合い傘
集中
相合い傘
肝だめし
春なのに
なりすまし
似顔絵名人
同窓会
とっさの一言
百倍占い
豪腕の不安
鈴木クンと佐藤クン
タイプの男
こいホット

Ⅲ章 ── 真夜中のタクシー
形見の品
真夜中のタクシー
一番美しい
古民家の座敷童
サウナの幽霊
地獄のアイドル
代表のお礼
夜のパレード
ペットの行く先
誤変換
地底の国
ニセ金製造機
恋するイケメン
蛍町界隈綺談