第四歌集

モーヴ色のあめふる

現代歌人シリーズ4
「モーヴ色のあめふる」
佐藤弓生

四六判変形、並製、160ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-86385-187-0 C0092
装幀・写真(カバー) 毛利一枝

ふる雨にこころ打たるるよろこびを知らぬみずうみ皮膚をもたねば

たとえば斜めにふる雨に
ときには人のかなしみに
天体の冴えた光にふれるたび
生きることに恋をする。
祈りと官能の歌世界。

2015年7月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

著者プロフィール

佐藤弓生(さとう・ゆみお)
1964年、石川県生まれ。
2001年、第47回角川短歌賞受賞。
著書に歌集『世界が海におおわれるまで』『眼鏡屋は夕ぐれのため』『薄い街』、
詩集『新集 月的現象』『アクリリックサマー』、
掌編集『うたう百物語』
共著に『怪談短歌入門』『子ども歌人になる! 短歌はこうつくる』などがある。
歌人集団「かばん」会員。

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai

目次

百年の間こうして          
 あづみ野  
 なんきんまめをかたみにふくみ  
 円 卓  
 顔  
 水の父  
 あだし野  
 雪の中のオレンジ  
 冬へ深紅を

『夢、十夜』より           
 第五夜  
 第七夜

ある四月の記録           
 ある四月の記録  
 葉 身  
 階 段
 蠅  
 封筒の中のナイフ  
 薄暮八景 田中流さんの風景写真によせて
 凍 蝶  
 そ ら は る す  
 そして三月

月百首          

あとがき 

関連書籍

<現代歌人シリーズ>
「現代歌人シリーズ1 海、悲歌、夏の雫など」
「現代歌人シリーズ2 耳ふたひら」
「現代歌人シリーズ3 念力ろまん」
「現代歌人シリーズ5 ビットとデシベル」

<新鋭短歌シリーズ第2期>
「新鋭短歌シリーズ13 オーロラのお針子」
「新鋭短歌シリーズ14 硝子のボレット」
「新鋭短歌シリーズ15 同じ白さで雪は降りくる」
「新鋭短歌シリーズ16 サイレンと犀」
「新鋭短歌シリーズ17 いつも空をみて」
「新鋭短歌シリーズ18 トントングラム」
「新鋭短歌シリーズ19 タルト・タタンと炭酸水」
「新鋭短歌シリーズ20 イーハトーブの数式」
「新鋭短歌シリーズ21 それはとても速くて永い」
「新鋭短歌シリーズ22 Bootleg」
「新鋭短歌シリーズ23 うずく、まる」

<新鋭短歌シリーズ第1期>
「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」