第四歌集

念力ろまん

現代歌人シリーズ3
「念力ろまん」
笹 公人

四六判変形、並製、176ページ
定価:本体2,100円+税
ISBN978-4-86385-183-2 C0092
装画 矢吹 申彦
装幀 毛利一枝

雨ふれば人魚が駄菓子をくれた日を語りてくれしパナマ帽の祖父

感性と抒情の歌人が断念を叙述する。この怪奇の今にこそ〝平和難民〟たる我ら、笹公人の日本の浪漫ろまんを心底にいだけ。明日の地獄絵はまよわぬぞ。潔白をちかう。

――大林宣彦(映画作家)

2015年6月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

著者プロフィール

笹 公人(ささ・きみひと)
1975年東京生まれ。
「未来」選者。現代歌人協会理事。大正大学客員准教授。文化学院講師。
歌集に『念力家族』『念力図鑑』『抒情の奇妙な冒険』。
他に『念力姫』『笹公人の念力短歌トレーニング』、絵本『ヘンなあさ』(本秀康・絵)、和田誠氏と共著『連句遊戯』、朱川湊人氏との共著『遊星ハグルマ装置』などがある。
NHK Eテレにて、連続ドラマ「念力家族」が放送中(2015年3月30日~)。

笹公人 公式ページ「宇宙ヤング」

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ

目次

海と団地  
念力教室  
かぐや姫はヴァニラの香り  
罰当たり三郎の青春  
人魚が駄菓子をくれた日  
宮崎の夜  
日本怪奇紀行  
気分はCITY POP  
A MOVIE ~大林宣彦監督に捧げる~  
笑うイルカ  
地球研究  
ウルトラエレジー  
東京グレーゾーン  
春と宇宙人からの連想  
なめくじテレポーテーション  
中庸フリーウェイ  

あとがき  

関連書籍

<現代歌人シリーズ>
「現代歌人シリーズ1 海、悲歌、夏の雫など」
「現代歌人シリーズ2 耳ふたひら」

<新鋭短歌シリーズ第2期>
「新鋭短歌シリーズ13 オーロラのお針子」
「新鋭短歌シリーズ14 硝子のボレット」
「新鋭短歌シリーズ15 同じ白さで雪は降りくる」
「新鋭短歌シリーズ16 サイレンと犀」
「新鋭短歌シリーズ17 いつも空をみて」
「新鋭短歌シリーズ18 トントングラム」
「新鋭短歌シリーズ19 タルト・タタンと炭酸水」
「新鋭短歌シリーズ20 イーハトーブの数式」
「新鋭短歌シリーズ21 それはとても速くて永い」

<新鋭短歌シリーズ第1期>
「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」