第四歌集

「耳ふたひら」

現代歌人シリーズ2
「耳ふたひら」
松村由利子

四六判変形、並製、160ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-86385-179-5 C0092
装幀・写真(カバー) 毛利一枝

耳ふたひら海へ流しにゆく月夜 鯨のうたを聞かせんとして

潮鳴りや降り注ぐ雨は
身体の深いところへと浸みこみ
やがて豊かな流れとなって
あふれ出す。
その響きに耳を澄ますとき
新しい歌が聞こえる。

2015年4月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

著者プロフィール

松村由利子(まつむら・ゆりこ)
1960年福岡生まれ。朝日新聞、毎日新聞で記者として20年余働いた後、2006年からフリーランスに。
歌集『鳥女』『大女伝説』(葛原妙子賞受賞)など。
その他著書に『31文字のなかの科学』『子育てをうたう』など。
沖縄・石垣島に在住。
「かりん」所属。
Twitter: @yukoshka
ブログ:そらいろ短歌通信 松村由利子の自由帳

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai

目次

Ⅰ                  
島時間  
光と影  
自由移民  
停電の夜に  
錆びてゆく  
一回休み  
TOKYO  
秘祭  
夜の舌  
寒き魂  
どこまでが春  

Ⅱ                  
海への祈り  
種子銀行  
蝸牛神経  
名を呼べば  
石を孕む  
水は巡る  
夢の終わりの  
鹿とザムザ  

Ⅲ                  
寄留者  
競馬日和  
もう戻らない  
天衣  
悲は返すべし  
雨待ちて  
霖々と泣く  
冷えゆく耳  

あとがき  

関連書籍

<現代歌人シリーズ>
「現代歌人シリーズ1 海、悲歌、夏の雫など」

<新鋭短歌シリーズ第2期>
「新鋭短歌シリーズ13 オーロラのお針子」
「新鋭短歌シリーズ14 硝子のボレット」
「新鋭短歌シリーズ15 同じ白さで雪は降りくる」
「新鋭短歌シリーズ16 サイレンと犀」
「新鋭短歌シリーズ17 いつも空をみて」
「新鋭短歌シリーズ18 トントングラム」
「新鋭短歌シリーズ19 タルト・タタンと炭酸水」
「新鋭短歌シリーズ20 イーハトーブの数式」
「新鋭短歌シリーズ21 それはとても速くて永い」

<新鋭短歌シリーズ第1期>
「新鋭短歌シリーズ1 つむじ風、ここにあります」
「新鋭短歌シリーズ2 タンジブル」
「新鋭短歌シリーズ3 提案前夜」
「新鋭短歌シリーズ4 八月のフルート奏者」
「新鋭短歌シリーズ5 NR」
「新鋭短歌シリーズ6 クラウン伍長」
「新鋭短歌シリーズ7 春戦争」
「新鋭短歌シリーズ8 かたすみさがし」
「新鋭短歌シリーズ9 声、あるいは音のような」
「新鋭短歌シリーズ10 緑の祠」
「新鋭短歌シリーズ11 あそこ」
「新鋭短歌シリーズ12 やさしいぴあの」

「ひとさらい 笹井宏之第一歌集」
「てんとろり 笹井宏之第二歌集」
「うたびとの日々」