四川料理143種、81軒!

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅

KanKanTrip9
「涙を流し口から火をふく、四川料理の旅」
中川正道/張 勇

A5、並製、176ページオールカラー
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-152-8 C0026

紀行ガイドシリーズ、KanKanTrip 第9弾!

食は中国にあり、味は四川にあり

世界三大料理の一つ・中華料理。そのなかでも麻婆豆腐や担々麺など「麻辣」(マーラー、しびれる+辛い)の味付けが特徴的で、庶民に広く愛されているのが四川料理です。四川省の省都・成都は2010年にアジア初のユネスコグルメ都市にも選出された、いま注目の街! そんな成都で4年間、200店舗以上を食べ歩き、その魅力を知り尽くした著者による、成都のグルメ完全攻略ガイド。【掲載料理143種・店舗81軒】

“僕も知らない四川がここに!!” 陳建太郎 赤坂四川飯店 3代目
“麻辣咸甜酸苦香”すべての旨味と魅力がここに!!まさに、四川料理のバイブルです!!
読めば、必ず四川に行きたくなる!!四川を愛する料理人として絶対おすすめです!!

著者、中川さんによる紹介ページはこちら!→四川の食べ歩きガイドブック発売

2014年8月下旬全国書店にて発売。

KanKanTripは、書肆侃侃房の新しい紀行ガイドシリーズです。今後、カンボジア・ベトナム・ラオス、韓国鉄道、釜山、リスボンなど発行予定です。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

著者プロフィール

中川 正道(なかがわ・まさみち)
1978年生まれ、島根県松江市出身、フランクフルト在住。食を愛し、世界を旅するWebデザイナー。2002年~2006年まで成都に滞在し、四川料理の魅力にとりつかれる。日本帰国後も四川料理を食べ歩き、もっと本当の四川料理を世界に発信したいとWebサイト「おいしい四川」を立ち上げる。

張 勇(ジャンヨン)
1977年生まれ、四川省達州万原市出身、成都市龍泉在住。現在、金一学院のコンピューター技師をするかたわら、ネット小説「鬼墓」を執筆中。中川とは四川師範大学留学時のルームメイト、10年来の親友。

おいしい四川 http://www.meiweisichuan.com/jp

中面イメージ

もっと詳しい内容紹介

■中華料理の中で一番愛されている四川料理を四川省へ行き徹底取材

誰もが知っている四川料理と言えば、「麻婆豆腐、担々麺、回鍋肉、棒棒鶏、火鍋、チンジャオロース」などではないしょうか。これらの料理は四川料理のほんの一部に過ぎません。本書では四川省成都を中心に「掲載料理143種・店舗81軒」と膨大な量の四川料理を体系的に分け、店のストーリーとともに紹介する“日本初となる四川料理の食べ歩きガイドブック”です。

四川省の省都・成都は「ユネスコグルメ都市」「中国一の観光都市¹」「今後、10年世界で一番発展する都市²」に選出された、今、世界中が注目している街です。そんな成都で4年間滞在し、200店舗以上を食べ歩き、その魅力を知り尽くした著者・中川と四川生まれ、四川育ち、四川料理を愛する親友・張勇がタッグを組み、できたのが本書になります。
※¹ 中国国家旅行局と世界観光機関UNWTOより「杭州」「大連」と並び「成都」が選出(2006年)
※² 米国雑誌「Forbes」、今後10年世界でもっとも発展する都市のランキングで成都が1位に選出(2011年)

■現地の人も納得する本物の情報

紹介する店は一般的な旅行ガイドブックには載っていないローカルな店がほとんどです。地元の人に愛されている老舗や、こだわり料理を出す人気急上昇中の店など、選りすぐりの店を紹介しています。本書を持ちながら四川のレストランを回り、辛さにしびれながらも四川料理を心ゆくまで堪能するというのが、本書の醍醐味です。

そのため、本書では料理を「名物料理」、「家庭料理」、「人気店看板料理」、「火鍋」、「麺」、「ヘルシー料理」、「夜食」に分け、高品質の料理写真、レストランの場所、料理の食べ方、注文方法など食べ歩きに必要な情報をすべて網羅するように作りました。また成都だけではなく、成都周辺の名物料理や川南地方と言われる四川省南部は、まだ中国の雑誌、グルメ本も紹介していない料理・レストランを取り上げています

目次

天下の四川、パンダの故郷、四川はおもしろい
食は中国にあり、味は四川にあり
はじめに

1章  グルメ
成都食べ歩きプラン
成都に来たら絶対食べてほしい料理ランキング
成都グルメマップ

コラム 食べる時に必要な知識

四川名物料理 成都で愛される伝統料理
四川名物料理18選
おすすめの四川名物料理16店の紹介
 春陽餃子/張老五涼粉/洞子口張老二涼粉/蜀香冒菜/小譚豆花
 鍋魁王/一瓢油肺片/複興肥腸粉/王媽手撕烤兎/老胡記棒棒鶏
 厳太婆鍋魁/黄傘肺片/万春腌鹵/老号無名包子/韓包子/小芳包子

四川家庭料理 日本でもなじみのある中華料理
四川家庭料理18選
おすすめの四川家庭料理店の紹介
 厨人家川菜館

コラム 誰もが好きな四川の味「魚香」とは?

人気店の看板料理 世界中で愛される名品から今人気の料理まで
人気店の看板料理26選
おすすめの人気四川料理14店の紹介
 耗子同張鴨子/陳麻婆豆腐/鍋鍋香/江油肥腸/七里郷村鴨
 九妹飯店/南部特色小吃/宋鶏片/王鶏婆土鶏館/回帰酒家
 巷子肥腸/無味飯店/打牙祭/雨田飯店

コラム 辛さの中にある6つの味

火鍋 これが本場の四川火鍋
簡単指さし注文!複雑な火鍋メニューまとめました
3分でわかる難しい火鍋の食べ方
おすすめの火鍋料理6店の紹介
 重慶老碼頭火鍋/重慶老火鍋王/三只耳火鍋/袁記串串香/巴蜀崽兒火鍋/自貢好吃客
  
四川の名物麺 まだ知られていない名物麺たち
四川名物麺18選
おすすめの麺屋12店の紹介
 成都担担面/純陽館/熊姐大碗面/王婆蕎面/広漢金絲面/呉記怪味面
 金婆婆手掌面/何食面/胡記勾魂面/何吉発手撕面/宏福酸菜魚米線/候氏寛面

ヘルシー四川料理 四川流の精進料理を食べよう
おすすめのヘルシー四川料理4店の紹介
宋二姐土鶏火鍋/彭祖長寿燉湯/素香斎/棗子樹素餐庁

四川の夜食 最後はスパイシーな夜食で
おすすめの夜食料理3店の紹介
 三哥田螺/王大爺焼烤/西昌廖師傅火盆焼烤

成都周辺の名物料理
おすすめの成都周辺の名物料理8店の紹介
 舒肘子/代木儿/傷心涼粉/全家福芋儿焼鶏/蒲氏石磨豆花
 女儿食堂/布衣佬餃子王/劉抄手

川南地方料理
竹の大海原へ行こう! 蜀南竹海
 箐雲山荘
おすすめの川南地方料理17店の紹介
 何三白肉/游記肥腸/武砂鍋/徐焼烤/潘六孃排骨面
 易老四蹺脚牛肉/徐林黄燜鶏/王浩儿記六嬢甜皮鴨/叶婆婆鉢鉢鶏
 眼鏡豆腐脳/郷村豆花/陳氏璧山兔/飛虹魚館/父子臭豆腐/宜賓燃面
 紅橋猪儿粑/隆昌一絶紅焼鴨

四川料理博物館へ行こう
 成都川菜博物館

レシピ 本場四川の麻婆豆腐/定番の四川料理、辣子鶏
コラム 取材のエピソード

2章  リラックス
四川の茶文化
寛窄巷子
公園とお茶屋
おすすめのレトロな老舗茶館4選

3章  ショッピング
成都で買う中国お土産18選!
四川で使われるスパイス
錦里 巨匠たちが作る伝統的工芸品16選!

コラム 食べ歩きで使う中国語

4章  四川への旅
世界も認めた四川省成都への旅
中国の古い街並みを訪ねる
四川チベットへ

成都の基本情報まとめ
成都のアンティークな人気ホテル9選

料理別インデックス

変更及び訂正など(2015年6月現在)

 
p.40 老号無名包子→開店時間が変更になっています。
    6:00~→6:30~
p.41 韓包子→閉店しています。
p.42 小芳包子→300メートルほど東南に移動しています。
p.46 厨人家川菜館→どこかに移転しています。移転先不明のため調査中。
p.60 南部特色小吃→(店名変更)日本語:南部特色菜館 中国語 南部特色菜馆
p.87 広漢金絲面→(住所変更)成都市青羊区双新北路106-108号(地図)P21-B1の地図外に移転

p.122 何三白肉→本店が閉店し、支店のみ営業中です。
p.164 (誤)保宇酢→(正)保寧酢
p.171 山姆青年客桟→ホームページはありません。
p.171 驢友記青年旅舎→(追記)http://www.mixhostel.com/
p.175 (誤)2008年西南交通打学院に進学→(正)2008年西南交通大学院に進学

<看板変更>以下の店は看板が変更になっています。
p.38 黄傘肺片
黄傘肺片

p.63 回帰酒家
回帰酒家

p.78 自貢好吃客
自貢好吃客

p.82 成都担担麺
成都担担麺

関連書籍

<KanKanTripシリーズ>
「イギリス鉄道でめぐるファンタジーの旅」
「台湾環島 南風のスケッチ」
「ニューカレドニア 美しきラグーンと優しき人々」
「スウェーデン 森に遊び街を歩く」
「リスボン 坂と花の路地を抜けて」
「イギリスの小さな教会」
「ルーマニア、遥かなる中世へ」
「ラダックと湖水の郷カシミール」