食べても食べてもやせられる。95.4%が成功!

「新版ブックスダイエット右」

「新版 ブックスダイエット」
九州大学名誉教授 藤野武彦

A5、上製、160ページ+36ページ
定価:本体1,600円+税
ISBN4-902108-03-8 C0077
RIGHT BOOCS 生き生きとやせる
LEFT BOOCS 疲れた脳を癒す
2刷

『ブックスダイエット』は、新たな肥満治療の理論と実践を具体的に解説した本で、2000年4月に出版以来、ずっと売れ続けている本です。BOOCSとは、肥満の原因はストレス過剰による「脳疲労」にあるとし、これを解消することで肥満を治療する方法です。つまり、食べることによってストレスを解消するという逆転の発想で、無理な禁止事項を設けず、従来の治療法の理論と実践の欠陥である「リバウンド」を克服でき、95・4%という高い成功率を示しています。今回、出版社が変わり、表紙デザインも改められ、新版として出版されます。テレビ朝日系で連続放映され、「おもいッきりテレビ」でも紹介されました。

「新版ブックスダイエット左」

WEBでの本の購入はこちらより
cocochimono
Amazon

著者プロフィール

藤野武彦(ふじの たけひこ)
昭和39年、九州大学医学部卒業。九州大学名誉教授。医学博士。循環器専門医。日本心電図学会、日本画像医学会各評議員、生理人類学会理事。
「BOOCS」理論を提唱し、現在2万人以上が成果を実証済み。

著書:『BOOCSダイエットクッキング』(小学館)
    『BOOCS──至福のダイエット革命』(講談社)
共著:『超音波診断マニュアル』(テクノ社)、『心臓活動の神経性調節とその病態』(九大出版会)、『臨床超音波シリーズ』(南江堂)、『住環境とヒト──生理人類学の視点』(井上書院)、『長生きのはなし』(技報堂出版)、『ウイグル──その人びとと文化』(朝日新聞社)、『マンマシン・インターフェイス』(朝倉書店)、『シルクロード──文明交流の過去・現在・未来』(アイネック学術出版)、『日本人の事典』(朝倉書店)

ホームページ


目次

序章 BOOCSと出会う前に―肥満と病気は同行二人の関係
第1章 肥満の認識と診断―正しい認識が肥満解消につながる
第2章 肥満をもたらすのは「脳疲労」―「脳疲労」の仕組みを明らかにする
第3章 BOOCSでやせる―「脳疲労」を解消するには
第4章 BOOCSは食べることから―1日1快食のすすめ
第5章 BOOCSでからだが動く―心地よい運動のすすめ
第6章 BOOCS肥満治療による効果―実施した人の95.4%が成功
終章 BOOCSのさらなる効果―BOOCSが肥満治療を超える時
BOOCS Q&A
BOOCS 資料編