日韓詩人の競作

「海峡を渡るソリ(声)」

日韓詩人の心響き合う
日韓138人の現代詩完全対訳詩集

日韓詩人アンソロジー「海峡を渡るソリ(声)」
九州詩人祭実行委員会編

B5判、並製、286ページ 
定価:本体1,905円+税
ISBN4-902108-07-0 C0092

日本と韓国で活躍中の現代詩人の詩138編の完全対訳付き詩集。第34回九州詩人祭を記念して、福岡県詩人会が企画・編集したものです。日本詩は、福岡県を中心に九州各県と沖縄、中・四国の現代詩人から寄せられた詩106篇と韓国の現代詩人からの詩32篇に、それぞれ韓国訳と日本語訳がついています。このような完全対訳詩集は珍しく、問い合わせや反響が数多く寄せられています。
翻訳は新羅大学の日語日文学科教授の崔光準(チェ・クァンチュン)さん。韓国での万葉集研究家として知られています。ルーツを辿れば日本と韓国の詩の発生は同じ。その後の時代の変化とともに、両国の現代詩の状況はどう変化し、いま、両国詩人はどんな詩を書いているのか・・・注目の一冊です。

「海峡を渡るソリ(声)」

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

訳者プロフィール

崔 光準(チェ・クァンチュン)
1956年生 日本福岡大 文学博士 古典詩歌(万葉集)専攻
新羅大学校 国際交流部長、教務部長を経て 現新羅大 日語日文学科教授、釜山警察庁担当諮問委員、朝鮮通信士諮問委員、日本語能力試験釜山執行委員長、釜山広域市公務員教育院日本語日本文化担当教授、大韓日語日文学会副会長歴任、東アジア日本語教育日本文化研究副会長
著書 万葉集ハンドブック、つぼみ「万葉集」ゆかりの渡来人 他多数

掲載情報

読売新聞 2004/9/3(金)朝刊に掲載されました。
東京新聞 2004/9/1(水)朝刊に掲載されました。
西日本新聞 2004/8/28(土)夕刊の一面に掲載されました。