極楽浄土とは

「禪寺炎上」

「禪寺炎上」
椛島禅徹

四六判、上製、208ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-098-9 C0095

浄土はこの世なり。
極楽浄土は
生かされている自分の命だ。

命と命を支え合い、助け合うことが一番尊い。
自分の命をはなれて理想を求めるのは虚しい。
日常を生きることは美しくまた喜びでなければならない。
ファッショナブルに生きる表現こそ禅だ。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

椛島 禅徹 (かばしま・ぜんてつ)
昭和十三年長崎市生まれ。十二歳で瑞光寺(佐賀県嬉野市)出家。嬉野高等学校卒業後、梅林専門道場修行(福岡県久留米市)。四十三年花園大学卒業。現在、社会福祉法人松翠保育園園長。 日日庵管主。

目次より

第一部 禅門の崩壊

プロローグ 修行僧の放火

第一章 出家

第二章 修行の場としての寺
 禅の寺/禅の修行/廃仏毀釈が意味するもの

第三章 浄土の改革  
 浄土はこの世に/輝く浄土

第四章 仏陀祖師の教え