1年間の壮絶な記録写真集。2011年3月11日を私たちは忘れない。

「鼓動」

「鼓動 感じて欲しい小さな命の重み。」
犬猫みなしご救援隊  写真/金子二三夫

A5、並製、160ページオールカラー
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-073-6 C0072 2刷

できるなら、全頭連れて帰りたい!

3月13日、いち早く震災地に向かった犬猫みなしご救援隊。
そこで見たのは言語を絶する光景。
福島第一原発から20キロ圏内に取り残された犬や猫……。
これは置き去りにされた1300余頭を、
身を挺して救出した1年間の壮絶な記録である。

2012年3月11日全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

DVDも発売中!
「鼓動 感じて欲しい小さな命の重み。 Photograph music DVD」
犬猫みなしご救援隊  写真/金子二三夫

著者プロフィール

犬猫みなしご救援隊
代表 中谷百里
1962年3月22日広島市生まれ
おおまち動物病院・看護士

副代表 田原 好巳
1968年5月14日広島県庄原市生まれ

2002年より、中谷の個人動物愛護活動に協力し始め、2009年にNPO法人・犬猫みなしご救援隊の理事として現場活動にも参加し、2011年3月13日から中谷と共に行動し、3月20日から福島原発被災動物保護・育生活動に勤しんでいる。

■NPO法人「犬猫みなしご救援隊」とは
NPO法人「犬猫みなしご救援隊」は、NPO(特定非営利活動)団体として2006年2月に承認された私設ボランティア団体です。動物と人間が共生できる明るい未来を目指します。

・広島本部
 広島県広島市安佐北区可部町大字今井田690-2
 TEL 082-812-3745

・栃木拠点
 栃木県那須塩原市野間308-1
 TEL 080-6321-1203

■「犬猫みなしご救援隊」の歴史
1990年6月 個人で野良猫の保護活動を始める
1995年9月 動物愛護団体・犬猫みなしご救援隊設立
2004年2月 NPO(特定非営利団体)法人格取得
2007年8月 総床面積742平方メートルの終生飼育ホームを建設
2010年4月 団体等譲渡登録証第16号取得・広島市認証
2010年9月 譲渡窓口を開設
2011年3月 東北地方にて犬猫救援開始
2011年8月 栃木県那須塩原市に被災動物シェルター建設

NPO法人犬猫みなしご救援隊 公式サイト
http://www.minashigo.jp/

活動が、TBS(「ひるおび!」連続出演)、NNNドキュメントなど多数メディアで紹介されています!

カメラマンプロフィール

金子二三夫 撮影監督・VTRカメラマン
1948年7月8日、東京都生まれ。1973年(株)パビック入社。その後独立して(有)トムキャットを設立する。『アメリカ横断ウルトラクイズ』、『カルガモさんのお通りだ』、『情熱大陸』などドキュメンタリー、TV番組、CM、LIVE撮影などさまざまなジャンルで活躍。
最近の作品は『NNNドキュメント 在住カメラマンが見つめ続けたFUKUSIMA』、DVD『The Breaths of Glacier』ではアートディレクターを担当。現在、福島県田村市在住

帯文裏

4月20日、日本政府は福島第一原発から半径20キロ圏内を【警戒区域】に指定すると発表した。放浪している犬は、たとえ首輪をしていても保護できるが、つながれたままの犬は、飼い主からの依頼がない限り、保護できない。最後の二日間、私たちは死に物狂いで、犬や猫を20キロ圏外に連れ出した。つながれていた子には、「必ず、必ず、迎えに来るから」と泣きながら、頭を撫でて別れた。どの子も、ロープが届く限りのところまで来て、立ち去る私たちに向かって、鳴き続けた。

この時の、あの鳴き声と、あの悔しさを、私は一生忘れない。 (本文より)

中面イメージ

掲載など

週刊朝日 2012/6/29号の週刊図書館「話題の新刊コーナー」に掲載されました。
http://book.asahi.com/reviews/column/2012062500005.html

大分合同新聞 2012/6/3(日)朝刊に掲載されました。
たのやく(2012.6 98号)に掲載されました。
ねこのきもち 7月号のラッキー!プレゼントのインフォメーションコーナーに掲載されました。
秋田魁新報 2012/5/27(日)朝刊に掲載されました。
北國・富山新聞 2012/5/27(日)朝刊に掲載されました。
・NPO法人犬猫みなしご救援隊が、社会貢献支援財団(東京都)の社会貢献者表彰を受賞しました。
 震災犬猫救援隊に社会貢献賞
女性セブン 5月10日・17日月号の新刊アラカルトのコーナーに掲載されました。
犬吉猫吉 6月号のプレゼントコーナーに掲載されました。
ハッピー・トリマー 5月号のインフォメーションコーナーにに掲載されました。
東京新聞 2012/4/15(日)朝刊に掲載されました。
茨城新聞 2012/4/13(金)朝刊に掲載されました。
Wan(ワン) 5月号のインフォメーションコーナーにに掲載されました。
猫びより 5月号の本コーナーに掲載されました。
西日本新聞 2012/3/26(月)夕刊に掲載されました。
 警戒区域で動物救出活動のNPO法人が写真集出版
 
下野新聞 2012/3/26(月)朝刊に掲載されました。
中国新聞 2012/3/24(土)朝刊に掲載されました。
日本テレビ NNNドキュメントのページに掲載されました。
 「在住カメラマンが見つめ続けたFUKUSHIMA」写真集完成

朝日新聞 2012/3/14(水)朝刊栃木版に掲載されました。
 警戒区域で動物保護 那須塩原のNPO

コメントなど

仙台・宮城・東北の地域SNSふらっと/新刊レビュー「『鼓動』犬猫みなしご救援隊 著 金子二三夫 写真」

コンテンツ

3月11日……あの日からすべてが始まった。
春。それは私たちの闘いの始まりだった。
夏。照り注ぐ太陽の下、飲み水を確保できない生き物は死ぬしかなかった。
秋。町が様変わりしていく中、やがて来る寒い冬に備え、気ばかり焦った。
冬。12月になって、ようやく重い扉が開いた。
3月11日を私たちは忘れない。

犬の保護
犬物語
 もも
 縁の下のチョロ
 材木屋(双葉郡大熊町)
 さくら
 エイト
 踏切犬(散歩道)
 滝本シロ
 シロ&ジャック
 渡辺ぎん
 ひな
 ミミ(大熊町)
 マローン
 佐藤マック
 千代
 富岡の犬(富岡町)
 猪狩4家族と子犬3匹
 柴通り(大熊町)
犬への思い

猫の保護
猫物語
 白猫なら
 三本足のチロ
 猫の不二君
 猫のキャラメル一家
 猫のひろの
 猫のみー
猫への思い

置き去りにされたその他の動物たち
被災地での治療
一年を通して里親と一時預かりで、総勢630人が手をさしのべてくれた
被災地での治療
被災地に必要なTNR活動
栃木県に拠点設置
被災地での活動

関連商品

「鼓動 感じて欲しい小さな命の重み。 Photograph music DVD」