頭蓋骨入ってないんかいっ

「新版 晴れのちくも膜下」

『昏睡Days』の前に書かれた『晴れのちくも膜下』が
新版として甦りました!

「新版 晴れのちくも膜下」
有田直子

四六、並製、160ページ
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4-86385-069-9 C0095

22歳の女子大生を突然襲ったくも膜下出血。
一夜にして健常者から障害者となったけれど……

昏睡状態からの目覚め、何度かの手術、退院、そして、リハビリの日々を、読者を時にはくすっと、時にはほろっとさせながら綴る、前向きに生きる有田直子のポジティブエッセイ。

2012年2月初旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

有田直子 (ありた・なおこ)
1972年広島県生まれ。福岡県育ち。
筑紫女学園高校卒。九州産業大学芸術学部写真学科在籍中に、脳内出血&くも膜下出血で倒れ、左半身麻痺、右眼失明のハンディを持つようになる。現在は、リハビリに通いながら自宅で生活。本の出版後ライターとしての活動を開始。2004年にARYTHMを立ち上げ、「片手で出来る料理教室」、映画の自主上映などのイベントを、不定期に開催。2006年から、フロートというオリジナルの言葉の即興liveを始め、パフォーマンスやコンテンポラリーダンスなど様々なアーティストと共演。2010年からトークライブ活動を開始。2011年、作家・島田雅彦氏の呼びかけで始まった「復興書店」に参加。現在、福岡市在住。著書に『晴れのちくも膜下』(WAVE出版)、『昏睡Days』(書肆侃侃房)、共著に「復興書店」から生まれた電子書籍『Words&Bonds ほころんだ世界を結び直すコトバとキズナ』がある。

『昏睡Days』で、第15回ライターズネットワーク大賞チャレンジング賞を受賞。
ラジオドキュメンタリー「昏睡Days~くも膜下出血・昏睡時の記憶」(RKB毎日放送)が、ギャラクシー奨励賞を受賞。
2011年ローフードアドバイザー取得。

2012年6月25日逝去。享年40歳。

naoko arita official web site Speakout!!
http://www.aritanaoko.com/

イラストレータープロフィール

貞岡奈月子(さだおか・なつこ)
1975年生まれ。海と山に囲まれた福岡県の門司港にてのびのびスクスクと育つ。九州造形短期大学でデザインを学びその後福祉作業所「工房まる」にてスタッフとして働く。1999年5月よりフリーのイラストレーターとして福岡で活動を始めその後上京。2005年に結婚し、埼玉県川越市在住。現在、農業をいとなみつつ作品制作なども行っている夫の金子俊幸と『kaneco。』というユニットとして活動の場を広げている。

中面イメージ

帯文表

22歳の私を突然襲ったくも膜下出血
一夜にして健常者から障害者となった

左手足と右目の機能を失ったけれど、
そのことで損をしたとか、病気さえしていなければ……
なんて思うのは、まっぴらごめんだ。

これは、病気しなければ絶対に書けなかった本です。

掲載など

シティリビング福岡2012/6/15号<3面>にインタビューが掲載されました。
http://living.lisa.co.jp/para/city/c0615/#page=3

毎日新聞2012年3月21日(水)朝刊(東京版・大阪版)のブックウォッチング新刊コーナーに掲載されました。
J:COM福岡の「まちトク!」に、2012年3月23日(金)12:30ごろゲスト出演しました。リピート放送もあります。
西日本新聞2012年2月21日(火)朝刊に掲載されました。
 「闘病エッセー12年ぶり新版」
毎日新聞2012年2月20日(月)朝刊の「本屋さんの本音」コーナーに、書店員さんによるレビューが掲載されました。広告も同時掲載です。
RKBラジオ「開店!ウメ子食堂」の中の「聴いてよ大将!」のコーナーに、2月9日(木)11:15ごろ電話出演しました。

本の紹介コメントなど

西川友紀子の独り言「健康であるということ。」
坂田周大 いとしの半径2メートル「晴れのちくも膜下(新版)」

目次

晴れのちくも膜下「落雷~薄曇」
頭の中がスペースワールド 
意識のない私の行動 
続きが気になる…… 
天敵手袋 
もう食べ物のことしか見えない 
こんな活用法もあったとは 
押し過ぎはいけません 
初めての……ハゲ! 
まじっすか? 
最高の思いつき 
つかのまの夢 
片目でも見えればいいのだ 
けっ、結構です…… 
かなり謎 
なんかドラマみたいやん 
聞いてないよー! 
ここまで刻むとは…… 
食事は良く飲んで食べましょう 
ジタバタ 
猛スピード 
親かブドウか 
便利グッズ・声 
飲みまくりの日々 
異常が見つかってハッピー 
ジタバタpart2 
歩いて帰れるんやないと? 
もったいない! 
眠いもん 
病院からの誕生日プレゼント 
おいしいもの三昧 
予想外の進歩 
怪奇現象 
病室教師 
トップシークレット 
音楽は世界を結ぶ 
リハビリはゲーム感覚で 
靴屋には靴がいっぱいある 
合言葉は「休むのもリハビリ」 
片手でクッキング 
当日、興奮してけいれん 
小嶋先生の陰謀 
私、退院します

晴れのちくも膜下「脳天気」
予感 
私の憧れ…… 
夜飲めば、朝には元通りな薬 
ポストカード 
リハビリでの自分との闘い 
ガッツポーズ
笑われる喜び 
飛ぶ洗面器 
片手でつけられるブラジャー 
ドーナツ 
まるくいきましょう まるく 
痩せたい 
夏の朝 
お気に入りのワンピース 
捨てられないもの 
好きなレコード 
車 
ティッシュペーパー 
ベルボ 
初めての外出 
バリアフリーってなんだ? 
バリアフリー イン フクオカ 
ホット、ホット 
病院食はおいしいと聞いたし 
何か足りない! 
イチゴ狩り 
だったら自分でこげよ 
気持ちが1番ハンディが2番♪ 
石 
チャラ 
苦手なことって素晴らしい 
手足はないけれど 
たくあん 
スペシャルメニュー 
寂しい病 
マニキュア 
探しもの 
中年太りと骨折 
私はなぜ助かったか 
中身はなーに? 
arincoの本棚 

有田直子さんの病状と経過について 
 福岡大学病院 脳神経外科医師 山本正昭
           脳神経外科部長 福島武雄

おわりに
 

関連書籍

『昏睡Days』