仮設住宅プラン集

「これなら住みたい 仮設住宅16プラン」

もしもあなたが仮設住宅に暮らすとしたら、
いったいどんな選択肢があるのだろう?

「これなら住みたい 仮設住宅16プラン」
マザープロジェクト 桑原あきら編著

A5、並製、160ページオールカラー
定価:本体1,600円+税
ISBN978-4-86385-064-4 C0052

阪神淡路大震災の教訓も活かされず、東日本大震災の仮設住宅は旧態依然としていた。その現状を変えたいと建築家たちが考えた住み心地のいい仮設住宅16プラン。それは自力型仮設住宅や復興住宅にもすぐに使える無償の設計プランたちだ。……この先に、明るい未来があることを信じて。

※本書掲載の設計図で自治体や個人が仮設・復興住宅を建設されても設計料は不要です。

2011年11月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本のご購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

桑原あきら (くわはら・あきら)
株式会社プロトハウス事務局代表(家づくり研究家)
2000年 プロトハウス事務局設立
2004年 グッドデザイン賞受賞
2005~2009年 九州大学ユーザーサイエンス機構アドバイザー
2009年~ インクルーシブデザイン研究所アドバイザー
著書にスローハウジングで思い通りの家を建てる(草思社)、
家種(リトルモア)、一町一家運動の本(ニューハウス出版)がある。

マザープロジェクト
東日本大震災をうけて「理想的な仮設住宅のプランや、その造り方に関するシンプルなアイデアを提言する」という主旨に結集した設計士・工務店・素材メーカーの集団。地場産木材の活用、専門技能がない被災者でも自らの手で建てられる家、身寄りを失った被災者を支える街づくりなどさまざまな分野で活動を始めている。

マザープロジェクト http://www.mother-project.com

中面イメージ

掲載など

日事連の会報(2012.6月号)に掲載されました。
毎日新聞3月2日(金)夕刊西部版に『これなら住みたい仮設住宅16プラン』の著者、桑原あきらさんの記事が掲載されました。
仮設住宅にぬくもり/福岡の「家づくり研究家」本出版
http://mainichi.jp/seibu/news/20120302sog00m040008000c.html

目次

第1章 不自由な世界
不自由な世界を変えることができる?
マザープロジェクトの始動と8つのプロセス
Process 1 暴動を起こさなかった日本人
Process 2 悪い予感
Process 3 制度の壁
Process 4 現実の壁
Process 5 現地の声
Process 6 日本人って何?
Process 7 再生のシナリオ
Process 8 地元産仮設住宅

第2章 豊かな選択肢
〈仮設住宅と復興住宅プラン集〉
敷地対応型
      
PLAN 1 NEAR かわつひろし建築工房 川津悠嗣
PLAN 2 6坪の家Mighty House アトリエスクエア一級建築士事務所 大場浩一郎
PLAN 3 koya units 人の力設計室一級建築士事務所 小林哲治
造り方にこだわる
PLAN 4 Jig105 house 設計アトリエ 瀬野和広
PLAN 5 小径木ハウス 長谷川順持建築デザインオフィス 長谷川順持
PLAN 6 HOUSE-L 相良友也建築工房 相良友也
PLAN 7 モクレンのイエ 石井秀樹建築設計事務所 石井秀樹
ユニットシステムを考える
PLAN 8 被災地カンコウチカケイカク 渋田建築計画事務所 渋田耕治
PLAN 9 ヤドカリ 小川真樹建築綜合計画 小川真樹
PLAN 10 CARAVAN HOUSE 坪井当貴建築設計事務所 坪井当貴+坪井一代
コミュニティーに暮らす
PLAN 11 風の長屋 由宇設計一級建築士事務所 金子由里子
PLAN 12 ウッドデッキハウス テラバヤシ・セッケイ・ジムショ 寺林省二
PLAN 13 コアのある家族住宅 平田建築設計事務所ArchitectToybox 平田大和
PLAN 14 シェアする家 SHU 一級建築士事務所 前島周子
復興住宅タイプ
PLAN 15 成長する家 リオタデザイン 関本竜太
PLAN 16 MINI 廣田悟建築設計事務所 廣田悟

建築家からのメッセージ
復興[住まい]夢構想心得 瀬野和広
ヤドカリ[復興期に移動する個室と変化する共用室] 小川真樹
『【き】設住宅』としての、『1000 万円で建てる
 カーボンニュートラルハウス(CNH1000)』の提案 五百川真里恵

第3章 未来のシナリオ、未来の子どもたち 
Scenario 1 世界は新しい価値創造を求めている
Scenario 2 ワークショップが未来を変える
Scenario 3 ピープルズプロセス
Scenario 4 新しい住宅を創造する
Scenario 5 「つよく美しい日本のふるさと」を守る仮設住宅建築システム
Scenario 6 「小さな家」の商品化
Scenario 7 森と家と町と子どもたちの未来をつなぐ「こどもはうす」

被災地聞き取り調査データ

あとがき